靴下用毛糸ソックヤーンのレビュー

母から聞き書きする、靴下用毛糸のソックヤーンの感想です。

買ったまま編んでないのもあるので、その辺は編んだら更新します。

毛糸選びの参考になったら、幸いです。

 

まず、前提として、靴下を編む時はウール100%は避けるのだそうです。

ウール100%だと暖かいのですが、その分だけボロボロになるのも早い。

家の中だけで履く分にはいいけど、外に履いていくなら、ナイロンの混じったソックヤーンを使うんだそうです。

洗濯機でも洗えて3年履いてもまだ薄くなっていません。

①Opal    1280円~1700円くらい。

母はドイツの「けいとや」というお店でよく買っています。1個でも送料無料で、しかもちょっ

とお安いですよ。日本の方がやっているので、日本語でやりとりが出来ます。

日本にもいくつかお店がありますが、atti’s  sock  shop もお安くて種類が多いです。

20130113_190000.jpeg

ドイツで作られている靴下用毛糸。

ウ-ル75%、ナイロン25%で、丈夫です。

伸縮性があって、きっちり編んでも指が痛くならない、編みやすい毛糸です。

(母は姉の足にフィットさせるため、1号できつく編んでいるので、他だと指がタコっぽくなる。)

メリヤス編みで編むだけで、編み込みのような模様になります。

そこらへんがいかにもドイツっぽい、計算された糸なんだそうです。

 

②野呂 クレヨンソックヤ-ン  1580円~1900円くらい。

120630_1932~01.jpg

こちらは日本の野呂英作さんが作った、靴下用毛糸。

やっぱり、ウ-ル75%、ナイロン25%です。

編んでいる時は固くてゴワゴワです。

ただ、一度洗うとすごく良くなって、履き心地がとてもいい毛糸です。

2号で編むせいか、Opalよりも暖かくて、二月の終わり頃とか暖かい日は足に汗をかくことも

あるそうです。

模様がOpalのように編み込みになるんじゃなくて、グラデ-ションっぽくなるのも魅力的で

す。

③野呂 シルクガーデンソックヤーン

毛糸は買ったものの、まだ編んでないそうです。

④ジャガード 50g 600円くらい。安いのが嬉しい。

1号で編んでみたけど、伸縮性がないせいか、指が痛くなったそうです。

グラデ-ションかシマシマのものが多くて、あんまり面白みがない。次はいいかな、ということだそうです。

⑤regia(レギア)   50gで700~1000円くらい。100gで2200円くらい。

色々なシリ-ズがあります。monster(縞々タイプ)とbrasill   color(編み込み調)を編みま

した。

編みやすい糸です。brasill   colorはシックで素敵な靴下になりそうです。

⑥カメレオン

毛糸は買ったものの、まだ編んでないそうです。

⑦ナイフメ-ラ

コットン45%  ウ-ル42%  ナイロン13%  4ply より少し太め  2号で編みました

コットンが多めですが、編みやすい糸です。履き心地はもっさりしているかと思いましたが、

案外良いそうです。サラッとしていて春、秋用です。

⑧bamboo   ビスコ-ス混ソックヤ-ン

ウ-ルが45%くらいで、ナイロン25%  にbambooやビスコ-スが入った糸。

Rico  ショッペル regia など色々あります。bamboo がはいると更にサラッとして気持ちが

良いようです。姉は真夏に履いています。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Go back to top