葉っぱ模様のショール完成

母です。今日もこの冬編んでいた物の1つです。このショ-ルももう5、6枚編みました。

saroyan shawlとこのショ-ルは幅や長さを好きな大きさにするのに調整しやすいのです。

  

使用糸:エストニアの手染め糸 2種類 40g2個 アイボリ-と黄色の

グラデ-ションとブル-グレ-とグレ-のグラデ-ション

mooritで購入した極細毛糸アイボリ-80g グリ-ン100g

使用針:4号

娘が手鞠の教室に通っています。そこの方にエストニアの毛糸を頂いたのです。とても素敵

な糸なんですが、80gで小物を編むのは勿体ないので、手持ちの毛糸を足してショ-ルに

しました。両端50cmくらいは葉っぱを増やしていって、80cmくらいは増減なし、残

り50cmくらいで葉っぱを減らすという編み方です。幅が50cmほどで長さは180cm

あります。エストニアの手染め糸を両端にして、手持ちの毛糸を真ん中にして、エストニア

の毛糸はきっちり使いたかったので、葉っぱを減らすタイミングをかなり計算しました。お

陰で4cmしか残りませんでした。

娘はいつも私が180cmくらいにすると長すぎると言っていたのですが、真知子巻きを覚

えたら幅50~60cm、長さが180cmのショ-ルはとても使い勝手が良いとのことで

す。皆さんもこの大きさで編んでみてください。

2019年5月19日に編み方記事があります。

クンストショール完成

母です。少しずつ元気になってきました。お粥なら1/4合美味しく食べられるようになりました。

この冬に編んでいた1つ、志田ひとみさんのクンスト編みのシクラメンのショ-ルが完成しました。

このショ-ルはもう3枚ほど編んでいますが、今までは無地だったのが段染めで小さめに編みました。

   

真知子巻き風

 

使用糸:opal   sweet&spicy  6750 アイスクリ-ム

使用針:4号

今回大きさを測るのを忘れてしまいましたが、横170cm  縦65cmくらいは

あると思います。180gくらい使いました。娘は最近真知子巻きというのでしょうか、

この巻き方は寒い時や風が強い時にとても暖かいようです。

 

 

 

細長 SHAWL  完成

母です。暖かい日が増えてきました。電車通勤の息子は自転車で走っている時は風が冷たくて、電車に乗ればまあまあ

暖かいのでこんな薄手のSHAWLはちょっと使い勝手が良いのでしょう。息子のリクエストです。

  

使用糸:opal  regenwald  Ⅹ  8465番  Ecuador Elly  1玉編みきり

使用針:3号

大きさ:長さ 170cm 幅26cm

8.5×45段 382段 2.6×23目  60目  作り目3目にして382段で57目増し目を

すれば良いので382÷57 6.7 正確にすると13段で2目増すのが良いので、6段で1目  7段で1目

を交互にします。今回は面倒だったので6段で1目増し目をして、真ん中近くは8段に1目増し目で調整しました。

 

家用靴下完成  自分用

母です。

退院してすぐは結構元気だったのに、このところすぐ疲れてしまってテンションが全くあがりません。時間はある

のに、毛糸も山ほどあるのに、本当に残念です。

自分の家用の靴下がヨレヨレになってしまったので、編みました。1足目は27cmくらいになってしまい、息子が

履くというので、今度は23cm目指したのですが、やっぱり24cmくらいになってしまいました。

並太や極細を引き揃えて15号で編むので、細かい調整が難しいです。暗いベ-ジュ、紺、赤、若草を混ぜると結構

元気な色の靴下になりました。

こちらは葉っぱ模様のショ-ル。下のショ-ルと同じ物です。ちゃんとした写真を撮り忘れてしまいました。

入院中に同室になった方が編み物をする方で、編んでいたらとても誉めてくださったので、プレゼントすることに

なりました。

今回は年配で小柄な方なので、長さ150cm、幅40cmにしました。ダイヤのグロ-ブファイン<アルパカ>と

いう毛糸です。色番は116番、多分もう廃番になっていることでしょう。151g使用です。

娘が(毛糸で見ると野暮ったいのに-心の声?)ショ-ルになったら案外可愛くなったねぇというので、もう2枚分

あるので、ショ-ルにします。アルパカは30%なのに結構温かいです。

葉っぱ模様のショール  2枚目完成

母です。千葉も雨が強く降ったり、止んだりしています。我が家の近くに小さい川があり、昔はよく

溢れていたようで、どの家も階段4段ほど昇ったら玄関という造りです。川の工事が行われて今は大

丈夫ですが、雨が続くと取りあえず気になります。

今回は前回の葉っぱ模様のショ-ルの残りでもう1枚編みました。

使用糸:ウタゲ3 ルビ-  アプリコット

使用針:10号

今回は2色です。赤と黄色。色の組合せは合っているのか合っていないのか。まあ、娘が

巻いてくれるとの事なのでよしとします。このパタ-ンは簡単なのに、巻きやすいとのこと。

糸を替えて何枚か編みたいと思います。

葉っぱ模様のショール  完成

母です。腱鞘炎の注射をして貰いました。今度こそ再発させないように気をつけて編み物をしたいと思います。

今回は  you  tube  で見つけた葉っぱ模様のショ-ルです。本当は三角ショ-ルなんですが、娘の希望で台形

にしました。ショ-ルだけの写真を撮り忘れてしまいました。

使用糸:utage-3 ルビー アプリコット

残りの色を混ぜてみました。

使用針:10号

ルビーとアプリコットがまだ残っているので、もう1枚編みます。

このショ-ルは編み図がありませんが、日本語で説明してくださっているので、書き写すことが出来ます。

時々声と動きが違うので気をつけてくださいね。

葉っぱ模様のショ-ル

葉っぱ模様のショ-ル  減らし方

このショ-ルは葉っぱ1枚から始まって右側は真っ直ぐで、左側で掛け目を1目入れて葉っぱを1枚ずつ増やして

いきます。半分まで編んだら今度は葉っぱを1枚ずつ減らしていきます。最初の24段はセットアップのような感

じで25段~48段を繰り返していくのですが、25、27、29段で葉っぱを増やす作業になるので、台形もし

くは三日月形にしたければ25段目の掛け目をしないでそのまま編んでいくと左側も真っ直ぐになります。好きな

長さまで編んだら今度は減らしていけばよいです。

簡単で素敵なショ-ルなので是非編んでください。編んでいて分からないことがあればご質問ください。

Mauve Shawl 完成

母です。病院の待合室、息子を駅まで迎えに行った時などに編んでいたshawl です。そろそろどれぐらいの大きさ

になったかと長い針に替えてみたら編みすぎていました。短い針にかかっているとよく分からないですね。

Mauve Shawl   はRavelry のフリーパターンです。三日月形の葉っぱ模様のショールです。横長になるタイプです。

使用糸:メリシルク  色番5番 160gくらい

使用針:5号

大きさ:横190cm  長さ50cm

これは編んだままの状態でブロッキング前です。

こんなに長いです。首に3回巻けます。私たちはこんな風にくるくる巻き付けることが多いです。

もしこのショールを編まれる方は以下のことにご注意を。文章だとややこしいですが、やってみれば簡単です。

このショールは表側で4目、裏側で2目の増し目をしていきます。両端3目ずつはガーター編みのエッジになります。

増し目の仕方は 表側 ガーター3目の次の目で表1目、掛け目1目、表目1目  チャート通りに編み 最後1目で

表1目、掛け目1目、表目1目   裏側はガーター3目の次に掛け目1目、最後に掛け目1目  します。

作り目は  garter  stitch  tab  で  3目  マーカー 13目  マーカー 3目  の19目をします。

ここからはエッジの部分は考えないで編んでください。

編み地を返して、早速2目の増し目をして編みます。編み地を返して編み図の  row1から編み始めるのですが、両端の

1目は増し目のための1目なので、表1目、掛け目1目、表目1目をしたら編み図の通りに編んでください。裏側も掛

け目1目をした後編み図通りに編みます。編み図の目の他に1目増し目用の1目があると思ってください。

 

織物ショ-ル完成

母です。もう年数も忘れるくらい前にクローバーの咲きおりという卓上の手織り機を買いました。幅の広い物が

織りたいと思い60cの方を選びました。これが予想以上に大きいのです。織る時に出すので、つい面倒になり。

4年ほどかけてやっと完成しました。幅が一定にならずだんだん細くなってしまいましたが、まあまあ満足の1枚

になりました。

縦糸はコットン100の合い太の糸、横糸は紙でできた糸です。娘が気に入って、安くなっていたので、買ったも

のの在庫になっていた糸ですが、編むより織った方が合っていたようです。柔らかい織り地になりました。

 端は捻って二重にして結びました。幅30cmくらい、長さ170cmです。

 

Granny Shawl 完成  簡単編み方

母です。編みかけの1枚、granny  shawl が完成しました。この名前は外国の物でおばあちゃんが余り毛糸で編んだ

shawl のことのようです。このshawl を見た時に子どもの頃に叔母が編んでくれた物だと懐かしくなりました。

叔母はピンクの並太毛糸で編んでくれたので暖かいけど使い勝手がちょっと・・・と思ったのを思い出しました。

海外の方が編まれているのはカラフルで大きな物が多いので、今回は中細より少し太い段染め糸で編んでみました。

  

使用糸:毛糸ピエロ オランジュ 320g

使用針:かぎ針 7号

大きさ:200cm×100cm

この毛糸は前に棒針で編みました。同じ糸なのに違う雰囲気のショ-ルになりました。

 全然違う雰囲気ですよね。

簡単に編み方を書いてみます。

1.輪を作る。輪の中に鎖3目編みます。そのまま同じ輪の中に長編み2目、鎖目2目長編み3目を編みます。

2.編み地を返して・・鎖3目立ち上げ1番左端の目に長編み2目を編む。1段目の鎖目2目の中に長編み3目、

鎖目2目、長編み3目、1番最後の目に長編み3目

3.編み地を返して・・鎖目3目立ち上げ長編み2目、下の段の長編みの間に長編み3目、鎖目2目に長編み3目

鎖目2目、長編み3目、下の段の長編みの間に長編み3目、1番最後の目に長編み3目

真ん中の鎖目2目が中心の三角ショールで、毎段長編み3目が1つずつ増えていくので、好きな長さまで編んだら

終わりです。

 へたくそな編み図です(笑)

 

Autumn Butterfly Shawl 完成

使用糸:シルクハセガワ  ウタゲ-3 (合い太)

使用針:8号

使用パタ-ン:Autumn  Butterfly  (Drops  の Free  patterns) feather & fan のshawl

大きさ:180cm×75cm

三日月形のショールなのと、この毛糸の色と模様がよく合っているので編んで見ました。feather  は羽という意味の

ようですが、私も娘もこの模様は波のように見えます。ウタゲは合い太で、このパタ-ンの使用毛糸は中細だったの

で最後の20段くらいを省きました。別の糸でもう1枚編みます。

shawl名をクリックすると編み図が載っています。この編み図を編む前にセットアップとして32目まで増し目をします。

最初の作り目は7目  偶数段は両端2目のみ表目  後はすべて裏目

1段目:表目2 掛け目1 表目1 掛け目1  表目2

3段目:表目2 マ-カ-(☆) 掛け目1  表目2  ☆ 掛け目1 表目3 掛け目1 ☆ 表目2 掛け目1

☆ 表目2   = 15目

同じ位置で掛け目をして 19目、23目、27目、31目と増やします。

両端2目ずつ除いて 2目、3目×7 で8つに分けます。それぞれこの編み図を編めば三日月形になります。最初のパ

-トだけ2目なのでここだけ模様編み1段目に1目増し目します。

 

 

 

 

Go back to top