家用靴下の編み方

母です。今日は家用の靴下についてコメントをいただきました。適当に編んでいるので、詳しいことを書いていま

せんでした。編んでみようと思ってくださった方がいらしたので、ちょっとまとめてみました。編み方は2018.

11.19にあります。靴下編み方。

いずれも足周りは20cmくらいなので、もう少し細い靴下なら2目ほど減らせば大丈夫です。逆に大きめの方も長

さのみ伸ばせばこの目数で大丈夫だと思います。1足編んでから調整してください。

 

A

 

並太1本・中細1本・極細2本(中細2本相当)15号針 つま先6目作り目→足周り14目(1周28目)まち3目

B

並太2本と極細2本 15号針 つま先6目作り目→足周り14目(1周28目) まち3目

C

並太1本  中細2本  15号針  つま先6目作り目→足周り14目(1周28目) まち3目

D

極太1本・極細4本(中細2本相当)15号針 つま先6目作り目→足周り14目(1周28目) まち3目

E

並太2本 10号針 つま先8目作り目→足周り16目(1周32目) まち3目

 

 

家用靴下完成 

母です。今回はアルパカ混の毛糸2本取りです。この毛糸は25年くらい前に十字屋で買いました。その頃は十字屋が毛糸や布を扱っていて、ジバンシ-などの海外毛糸も置いてありました。お高い毛糸なので、中々売れないと在庫一掃みたいな感じで半額くらいになっていました。まだ編み物歴5、6年の毛糸をよく知らない私はかなりお得な買い物をしていました。ユザワヤなんかも野呂毛糸や海外毛糸をかなり安く売っていました。私の在庫毛糸はそんな頃の毛糸が沢山あって、今見返すとかなり良い毛糸ばかりです。昔は良い毛糸が安く買えたなぁと思います。在庫が溜まりすぎて、セ-タ-に編みきれないので思い切って靴下にしようと思います。

今回の毛糸は「せのう」というメ-カ-の物で今でこそアルパカ毛糸が人気ですが、その頃はアルパカって?という感じでした。触るとあのアルパカのぬめりがなくガサガサした感じですが、履くと全くチクチクしなくて暖かいです。娘がこれならネックウォ-マ-でもいけたねと言っていました。ちょっと残念。でも真冬でも足が暖かく過ごせますね。

家用靴下完成

母です。今回は自分用の靴下です。極太の茶色の毛糸と極細の赤2本、若草2本取りで編みました。茶色が

100g弱しかなかったので、足りなくなって片足は茶色の代わりに紺色の毛糸になりました。赤は極細2

本なのに全体に赤が強い印象になりました。この茶色はセ-タ-なら素敵な色なのに、他の色を合わせると

なんだか垢抜けない靴下になりました。まあ、私が家で履くので構いませんが。

家用靴下完成  残り毛糸

厚手の重ね履き用の靴下を量産中です。今回も並太2本と極細2本で15号で編みました。

   

ほんのりピンク色の靴下、中々可愛いでしょと言うと、餃子のたねみたいに見えると言われてしまいました。

家用靴下完成  残り毛糸

   

毎日厚手の重ね履き用靴下をせっせと編んでいます。今月中に後30足編む予定です。今回は前回のピンクがベ-ジュ

に変わり、赤を2本にしました。15号で編んでいます。写真だとよく似ていますが、実物は結構色が違います。1本

糸が違うだけで随分印象が変わります。まだまだ沢山の残り毛糸があるので、次回はちょっと面白い色の取り合わせで

編むつもりです。そろそろセ-タ-も編みたいのですが、左目がほとんど見えないので遠近感がおかしくて太めのセ-

タ-しか編めなさそうです。ヤクの細い毛糸で編みかけのセ-タ-があと身頃30cmくらいで完成するのですが、濃い

めのグレ-で細い糸なので、編み目がよく見えないんです。

家用靴下完成

今回は3枚重ねるための1番外側に履くかなり大きめの靴下を編みました。足周りが17.5cm、長さが25cm

くらいあります。息子用の靴下をちょっと小さくした感じです。でも厚手を2枚重ねた上に履いてもモサモサせず

すんなり履けます。今年はこのサイズも何枚か編みたいと思います。

同じ靴下なのにこんなに色が違って写ってしまいました。

   

今回は並太2本取り12号で編みました。

家用靴下完成 残り毛糸

ちょっと涼しくなってきました。中々眼の調子が良くならず憂鬱な母です。

娘用の家用靴下を編みました。彼女はとても冷え性で真冬は靴下を2~3枚重ねて履きます。娘も体調を崩し

体重が37Kgになってしまい、この冬は寒さを乗り切るのが大変そう。母はせっせと厚手の靴下を編んでいま

す。

  

今回は緑のツィ-ド調・並太、濃いグレ-・中細、赤と明るい緑1本ずつの4本取りを15号で編みました。

 

 

娘の家用靴下  2足完成

母です。今朝は本当に寒くてテンションが全くあがりません。せっせと靴下を編んでいます。年内に10足編んだら

セ-タ-を編みます。

こちらはアルパカ80%、アクリル20%の毛糸です。毛足がちょっと長くて毛が抜けるので着る物は無理そうなので

靴下にしました。白の靴下は何だか暖かそうに見えます。並太2本取り  10号で編みました。

こちらはネップが入った暗い緑色の並太毛糸と、赤い極細毛糸3本の4本取り  15号で編みました。

 

娘の家用の靴下完成

母です。すっかり寒くなってきましたね。息子もセーター、ショール、マフラーを使うようになりました。

娘が家で履く靴下の在庫が2足になったので、今、大急ぎで編んでいます。

 これは前に残り毛糸を玉にしたものですが、この2玉を2本取りにして

全く同じ目数、段数で2足分編みました。同じくらいの太さの毛糸をどんどん繫いで編めば全く同じものが編めるので、

こんな風に繫いでおくと便利です。20cmくらいの毛糸もどんどん繫ぎます。

全く同じ大きさなので、好きな組合せで履きます。

買ったけれど着る物にはチクチクして駄目とか、色がイマイチだったという毛糸が沢山あるので、全部靴下にします。

opal毛糸の靴下 足にピッタリの靴下を編むには

母です。今回は新しい靴下の紹介と足にぴったり合う靴下を編むためのちょっとしたコツを書きます。

使用毛糸:Hundertwasser  2107 68g

使用針:1号

今回の靴下はプレゼント用です。普段は23.5cmの靴のサイズの人です。

では、ピッタリの靴下を編むために。

1.まず足形を写します。紙の上に足を置いて周りを鉛筆でなぞるだけです。大体で大丈夫です。

足の長さと足回り、足首の周り、履き口の周りを測ります。

この人は   足の長さ23cm  足回り 22cm  足首の周り20.5cm 履き口の周り28.5cm

実際の靴下は     22.5cm    18cm       19.5cm       20.5cm

 

opal毛糸は100gで425mの中細毛糸です。私は1号針できっちり編みます。ゲ-ジは10cmで35目くらいです。

そうすると、履いていてもほとんど伸びてくることはありません。針の号数が大きいと段々伸びてきてしまいます。

今回の編み方

つま先から編む方法

1.12目(足裏側12目、甲側12目)作り目をする。

画像 058 写真は8目ですが、実際は12目作ります。

2.両端1目の内側で掛け目で増し目をする。

次の段は1目編んで掛け目をして、前の段で掛け目をした目はねじり目で編む。

中細は24目になるまで毎段増し目、残りは1段おきに増し目をして32目にする。測ると9cm幅。

このまま16cmになるまで編みます。足が22cmの人は15cmくらい、22.5cmの人は15.5cm

まで編みます。

画像 060

3.まちを編む。

この写真だと左側の段数リングまで。編み地の手前側が足の裏側、向こう側が足の甲側になる。

足の裏側にまちを作る。両端の1目内側に1段おきに掛け目、ねじり目を使って増し目をする。

まちは7目  甲側は増し目をしない。

画像 057

4.踵の編み方  wrap&turn

まち分を編む。その後紫の印と印の間を往復編みでwarp&turnをする。

catさんは印の2目手前をwarp&turnしていますが。今回は32目なので11目をwarp&turnします。

画像 062

5.まちを減らす。

踵が出来上がり。次にまちを減らしていく。

この時に踵の部分の補強と踵にフィットするようにちょっと変わった編み方をします。

段消しが終わって、糸は最初の印の前にある筈。      △↓

★1目は編まずにすべり目(右の針に移す。)2目目表編み、3目目すべり目・・・・

これを交互に繰り返し、次の印の1目手前にきたら、印の前の目とまちの目を2目1度する。

この時まちの目が下になるように編む。編み地をひっくり返して、

1目目はすべり目で後は印の1目手前まで裏編みをして、印の前の目とまちの目を2目1度する。★

★から★の間を繰り返してまちがすべてなくなるまで往復編みをする。

画像 069

6.まちがすべてなくなっていとは編み始めのところにある状態。足の裏側を編む。

甲側をそのまま編むと穴が開くので、足の裏側と甲側の間でなるべく綺麗に2目拾う。甲側を編む。

△(すべり目、表編みの交互)の編み方。2目拾う。これで編み始めに戻る。7段△の編み方で編む。

今回はメリヤス編みで20段、その後2目ゴム編み50段編みました。

 

7.最後は伏せ止め。伏せ止め

これもcatさんのちょっとかわった伏せ止めです。靴下を脱ぐと履き口がびろーんと伸びていますが、

この止め方だと洗って乾くとまたピタっと綺麗になっているそうです。

 

Go back to top