アルパカ入り靴下

20130207_093818.jpeg 20130207_093818_2.jpeg
20130207_093818_3.jpeg
順調に花粉症の症状が出ているのに、また真冬みたいな気温で損した気持ちの娘です。ども。
そんな寒い日でもへっちゃらな黄緑と黄色、灰色のしましま靴下。なんか妙に毛玉になるなぁと思っていたら、アルパカが入っているらしいです。おかげですごく温かいし、肌触りも柔らか。
しかし、毛玉のできが良いことからもわかるように、やられやすいのかもしれない兆し。右足の小指付近がびよーっとやられ気味なのを今日発見しました。オパルの靴下はやられていないので、この糸のせいかなぁと思っています。
これは足首が暗めの灰色の別糸ですが、この糸だけで編んだバージョンもあります。

*母です。この毛糸はアルパカではなくアンゴラ入りなんです。
  ソックヤーンではありますが、ナイロンが入っていなくてウールとアンゴラだけなので、
  手触りはとても良く暖かいのですが、摩擦に弱いのが難点。
  アルパカやカシミヤ、アンゴラの靴下は寝る時用にするのが良いかも。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Go back to top