極細アルパカ3本取りで編んだセ-タ-完成(top-down)

母です。今回も息子のセ-タ-完成です。極細アルパカ100の3本取り(中細毛糸の1.5倍の太さ)なので、もう

暖かいよりは暑いくらいなので、今シ-ズンは着る機会がなさそうですが。

 

下に厚手のシャツを着ての撮影なのでピチピチですね。

使用毛糸:holst  garn  の titicaca ピュアアルパカ100 50gで400m

色番  clementine  (黄色)130g landscape(緑)260g

landscape 2本  clementine 1本  の3本取り

使用針:6号

サイズ:身幅98cm  着丈65c

今回もtop-down でネックから編んで最後に襟を編みました。

 このパタ-ンです。  

今回はBA と EF の端を縄編みにしました。普通に1目ずつ増し目をしていき、7目になったら表目1裏目1縄編み

4目裏目1目にします。その後は黒まるの部分、縄編みの次の裏目の後で増し目をしていき、好きな長さのVネックにな

ったら輪にしてそのまま編みます。(編み方は2016.9.6.up記事。)

こちらは襟元です。

    

襟の拾い目をして、今回はガ-タ-編み6段ほど編みました。V のところは2段おきに3目1度の普通のV ネックの

編み方です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Go back to top