Waving Chevron Scarf 完成 編み方つき

夏みかん150個ほどママレ-ドにしてちょっと腕と肩、足をやられた母です。

残り100個頑張ってママレ-ドにします。

今回はRavelryのフリ-パタ-ンのscarfを編みました。

Waving chevron scarfと言います。chevron ですので、両端kfbで増し目をします。間

で3目1度をするのは同じですが、3目1度をする場所を順番にずらすだけでこんな面白

い形になります。最初パタ-ンの通りに編んだら1目足りなくなってしまいました。私の読

み方が悪いのかもしれませんが、数を合わせるためにこんな風に変えてやりました。

1段目 kfb マ-カ-  右上3目1度  表編み  kfb

2段目  すべて表編み

3段目 kfb  表目1目 マ-カ- 右上3目1度 表目  kfb

1段目と2段目を交互に繰り返していき、マ-カ-の後が残り3目になったらこの段は2目

1度をして最後の目はkfbをしないで1目編みます。次の段は表編みをします。

これで1セクションが終わります。

次のセクションは

1段目 kfb   最後の4目手前まで表編み  右上3目1度  マ-カ-  kfb

2段目  表編み

やはり最後だけ数を合わせます。

作り目は26目となっていましたが、使う毛糸と編みたい大きさに合わせて変更すれば

いいかと思います。私は並太を使って柔らかい感じにしたかったので44目にしました。

作り目の数が多いと1つのセクションの長さが長くなり、セクションのお数が減るのでくね

くねしません。 こちらもよく似たscarf  ですが、メリヤスとゴム編みのようです。

Snakeld

CIMG2976

CIMG2989CIMG2988

CIMG2984

CIMG2985

CIMG2986

CIMG2987

使用糸:パピ- マルチスパ-ク  50g4玉

使用針:9号

大きさ:幅  20cm  長さ160cm

 

Backyard Leaves Scarf(2枚目) 完成

母です。

息子のベストを編んだ残り毛糸で息子用のscarfを編みました。前に綺麗なグリ-ンで

編んだのですが、この模様はお気に入りのようです。濃い色の毛糸なので同じ色に撮れ

ません。これは海外の本に載っているパタ-ンです。

CIMG2972

CIMG2974  121219_0945~01.JPG

色が濃いので分かりにくいのですが、この右側のグリ-ンと同じ模様です。このscarf は

初めての英語パタ-ンのscarf で編み方を間違えていました。本当は上の写真の物を2

枚編んで下側の方同士を繋いでscarf にします。やってみたら何だか詰まらない普通の

scarf  になってしまったので片方だけを180cmの長さに編みました。白の極太の糸で

もう1枚編むつもりです。

2本目 Saroyan 完成

母です。朝晩はすっかり涼しくなってしまいました。これからまたまた編み物に精をを出し

どんどん仕上げねば。若いお友だちにプレゼントする白い Saroyan が出来上がりました。

夏に会った時に好きなショ-ルをと言ったのですが、通勤に使うので、これがよいとのこと。

娘が巻いている写真を見て気に入ったようです。

DSCN1162[1]DSCN0875右側は前に編んだ物で、毛糸の量の関係で160cmくらいの長さです。

今回は、やはりセ-タ-を編んだ残り糸を使ったのですが、多めに残っていたので、

180cmの長さにしました。極太糸で、10号で編みました。まだ白の毛糸が残っているので、

もう1枚編んでいます。

 

 

レゲエミニマフラー

20140127_222504.jpeg

20140127_222504.jpeg

 20140127_222504_2.jpeg 20140127_222504_3.jpeg 20140127_222504_4.jpeg 20140127_222504_5.jpeg 20140127_222504_6.jpeg

樹脂粘土に手を出してみましたが、予想していた通りちっともうまくいかなくてあうあしている娘です。ども。

先日、馬喰横山のkeitoさんで入手したボアというちょっと変わった見た目の糸をミニマフラーにしました。

フリルテープのような作りの糸で、編む部分は黒い細い糸、そこにくるっくるのドレッドヘアのようなボアになる青い糸がついています。

今回買ったのは、青と紺の混じりですが、他にも赤系、緑系、茶系、ラベルの見本になっている混合色系がありました。
茶系の編み地見本が置いてあったのですが、それを見て母は虫のようだと恐怖していました。

ラベルには4.5〜5.0mm針使用とありましたが、面倒なのと一段5目にしたので今回は指編みで作りました。
この糸だと、針でも指でも大差ありません。
強いて言うなら、編んでる間は何もできないということぐらいでしょうか。
私は途中で夕飯の支度が入ったので、適当な棒針に移して休めました。

ラベルの裏側にはスカーフの編み方の説明が2言語で書かれている上、目の編み方の写真がカラーで掲載されていて、なかなか親切です。
これを読むと多分、2目の幅で長ーくしなよという提案の気配。

簡単なのにけっこうかわいくできるので、オススメです。
長さをもう少し短くしてリボンなどつけたらつけ襟にも良いかもしれません。

使用糸:plassard BOA 13、1玉(100g)
使用針:指編み、1段5目(あるだけ全部編んだので、総段数不明)
出来上がりサイズ:幅10cm、長さ65cm

candle flame scarf 完成!

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

母です。娘がcandle  flame  の模様を気に入って何か編みたいと言っていたのですが、高校の部活の先生の

還暦のお祝いにマフラ-を編みました。

image    image

息子のスヌ-ドと同じ毛糸で編みました。

仕上がりの大きさがあまりに違うので二人でびっくり、並べて写真を撮ってみました。

全く同じ毛糸で全く同じ目数です。

DSCN0415

画像左(母作スヌ-ド)横幅約15cm、使用針5号 
画像右(娘作マフラ-)横幅約11.5cm、使用針7号

 

元々娘は手がきついのでわざわざ針を7号にしたのに・・・・・・。この糸は5~6号で編む糸ですが。

娘は9号でも良かったかも。彼女はふんわり編めるようになりたいと言っています。

でもきっちり編んでいるので模様は私より綺麗に出ているかも知れません。

今回はゲ-ジをちゃんと取らず、5号と7号だから大体同じくらいに出来るなんて思ったのですが。

やっぱりゲ-ジはちゃんと取らないとね・・・・・です。

 

恐竜マフラー

20130110_234248.jpeg 20130110_234248_2.jpeg 20130110_234248_3.jpeg

親知らず跡地もだいぶ落ち着き、通常業務中な娘です。ども。
最近風が冷たくなってきたので、風を通しにくいマフラーを引っ張り出しました。ヴォーグ社から出ている『みんなの、まきもの50』という本に載っている作品。かぎ針編みのポップコーン大量羅列みたいな本体の両端にガーター編みのしっぽみたいなのがついています。
私はこの端同士を結んで口元まで完全ガードしていますが、本来は本体部分にボタンをつけてフードのようにもできる作り。
しかし、どう見ても不思議らしく、装備して道を歩いてる時も電車に乗る際とって畳んでいる時もじろじろ見られます。小さい時から手作りセーターやら、服やら着ているので、凝視されるのには慣れてますが、そんなに珍しいだろうか?と思い続けています。
色合わせや長さ、幅を変えていろんなバリエーションが楽しめそうなマフラーです。
ちなみに私は100円ショップで入手した白のスラブ糸とクイーンアニーの黄緑色を使用しました。
風は通しませんがその分ずっしりしているのと、固めになるのが難点と言えば難点かもしれません。
ポップコーン部分が恐竜の背中みたいに見えるので私は恐竜マフラーと呼んでいます。我が家にはもう1つ違うバージョンの恐竜マフラーもあるのですか、それはまた別の話。

緑茶マフラー

130109_1640~01.JPG 

緑茶色のマフラーです。
混色で模様は映えないのが多いですが、こいつは模様がきれいに出てます。
母と姉は「自分なら絶対選ばない毛糸」、「ありえない」と不評。
良い色合いですよね?

同じ毛糸のセーターもあります。
というか、余った毛糸マフラー。

 

バックヤードリーブススカーフ

121219_0944~01.JPG 121219_0945~01.JPG

居間に本が置いてあったので、パラパラとめくっていたところ、発見。
お願いしたところ、作ってもらえました。

葉っぱ模様が素敵ですね。
糸は馬喰横山にあるkeitoという店で選びました。
大きな店舗ではないですが、肌触りの良い毛糸が多かったです。
マフラーは肌触りが命、ですよね。

外国ではマフラーじゃなくて、スカーフと呼ぶらしいです。

Go back to top