靴下(片方)完成

母です。久しぶりの更新です。腱鞘炎はかなり良くなりましたが、編み物が出来ない間の楽しみとして手回しオルゴールで

遊んでいました。シートに穴を空けてハンドルをクルクル回すと曲が演奏できます。

今回の靴下はこちら。ショペルの糸です。かなり前に買ってラベルがありません。

娘の知人が娘の履いている靴下をとても羨ましがって、毛糸を預かって編むことになりました。初めての方ですから、

まず試作品をと思い在庫の糸で編みました。これで本番はピッタリの靴下が編めるかな。

この方はチェコに住んでいたことがあってそこのおばあちゃんが靴下を編んでいたそうです。毛糸の靴の中に履ける

靴下がずっと憧れだったとのこと。

 

腱鞘炎中のもう一つの仕事。

ギンガムさんから100円の棒針を買って好きな長さにしました。今回は23cmくらいです。セ-タ-の袖や靴下を

編むのに30cmは長いし、20cmだと気を使うので23cmです。道具はのこぎりと鉛筆けずり、紙やすり、カッ

ターです。こののこぎりは付け替え式でこの三角の刃と四角の刃が交換できます。のこぎりで切った後、鉛筆けずりで

削って紙やすりで整えたら完成です。カッタ-だと、3号くらいまでは良いのですが、それ以上は硬くて大変です。

鉛筆けずりはあっという間に尖ってしまうので、少しずつ(5mmくらい)回すと良いです。鉛筆けずりで尖らせた後

は境目を少しなだらかにカッタ-で削ると編みやすくなります。

春夏用の靴下  完成

腱鞘炎は安静にしていても駄目なようなので、休ませつつ使っています。靴下は痛いかなと思っていたのですが、

小さいのとほぼメリヤス編みなので大物より楽です。裏編みは手首に凄く負担がかかることに今更ながら気づきました。

糸を指にかける時に右手にするのもやって見ましたが無理でした。編み地をひっくり返さずに、左側から編むのはすぐ

出来るようになったのですが。

使用糸:SOCKOTTA   イタリアのソックヤ-ン  cotton 45% wool 40%   nylon 15%

使用針:1号

この糸はオ-クションで手に入れたもので、今は廃番みたいです。さっぱりした手触りのいとです。

100gでのメ-トル数が表示されていなくて、opal の糸と同じ目数、段数で編んだら気持ち小さくなりました。

履いてみたらピッタリ、少し伸びるのでよしとします。それぞれ22.5gと22.4gで編めたので、もう1足編めます。

2足目は輪針3本使って同時編みにしています。

春夏用靴下完成

母です。今日はちょっと風が冷たいです。

春夏用の靴下を1足編みました。

使用糸:LANA   GROSSA  の MEILENWEIT  COTTON  39.6g

cotton45%  wool42%   polyamide13%

使用針:1号

この糸だと2.5足編めることになります。

ちょっとボヤッとした感じの色目です。娘はopalのはっきりした糸が好きなのですが、春夏用のソックヤーンは

こんな雰囲気が多いみたいです。

春夏用靴下 完成

使用糸:REGIA   Cotton  Color  5406番 ウ-ル41% コットン34%  ナイロン25%

右足19.3g  左足18.8g

使用針:1号

右足を編んでから4ヶ月くらいたってから左足を編んだのでちょっと大きさが変わってしまいました。

この糸は1号、前回のナイフメ-ラは2号と少し糸の太さが違うので使用量が5gくらい違います。

 

春夏用靴下完成

母です。久しぶりに靴下を編みました。冬用は在庫がかなりありますが、春夏用は2、3足しかないので、頑張って

10足くらい編もうと思います。

使用糸:ナイフメ-ラ  色番不明  ウ-ル 42%  コットン 45%  ナイロン 13%

片足23.5gと24g使用 使用量に0.5gの違いがあります。右側のお写真の余り、下がちょうど0.5

gでした。

使用針:2号

ナイフメ-ラはやや厚手の靴下になります。夏にはちょっと暑いかなぁと思いますが、履いてみると大丈夫のようです。

 

靴下完成

毎日寒いですね。千葉でも雪が降り、最低気温がー4℃で、夫が寒くてよく眠れなかったなんて言っています。

足が冷たいというので、緊急で靴下を編みました。適当に余っている並太2本取りです。3色の毛糸を使った

のですが、色合わせも考えずに編んだので左右で全然違う色になりました。まあ、家履きだし・・・・・。

Slipper と socks 完成 

またまた余り毛糸で編みました。太めの並太・紺色と中細の2本取りです。15号で編みました。

Non Felted Slipper 完成

久しぶりに編みました。やっぱりこのslipperは素敵ですね。

今回はやや細めの極太を10号で編みました。娘は家用の極太で編んだ靴下の上にこれを履くので、23.5cmくらいの

大きさです。このブル-の毛糸がちょうど1足編める分くらいの量だったので、履き口のみピンクにしました。

毎年2足くらいは必要なのでもう少し編みます。

螺旋靴下  編み方

母です。前回スパイラルソックスのことを書きました。ケスラ-さんの本は見ていませんので、私なりの螺旋靴下

です。靴下を編み始めた時に出来るだけ簡単な方法ということで見つけたものです。<a href=”http://tata-tatao.to/”>たた&たた夫さんのブログ</a>に載っていました。昔から編まれていた物らしくこんな記事でした。

適当な目数を作り目し、ある段数だけゴム編みをします。一目ゴム編みをずらして また同じ段数だけゴム編みします、これを繰り返して靴下を編みます。 例えば、68目作り目をし、表編み3・裏編み3を6段編みます。 7段目で、一目右にずらします。つまり、裏目1・表目3・裏目3・表目3、以下同様です。 13段目は、裏目2・表目3・裏目3・表目3、以下同様です。

踵もつま先もなしなので、毎回床につく部分が違い破れにくいのが特徴とのこと。私はつま先が欲しいのでこんな

風に編んでいます。

これは並太の毛糸で16目で10cmです。靴下の時の作り目で16目作り目をして32目になるまで増し目をします。

(靴下の編み方の記事をご覧ください。)

後は2目ゴム編みで4段毎にずらしました。このまま好きな長さまで編んで伏せ留めをすれば完成です。

下の写真はエストニアスパイラルです。こちらも自然に螺旋状になっていきます。これは娘がスヌ-ドを編んだ物

です。

20131009_204714.jpeg

表目2目、左上2目1度、表目2目、掛け目を毎段ひらすら繰り返します。掛け目の上に掛け目?なんて考えないで

とにかくやって見るとちゃんと出来ますよ。こちらは6の倍数の目数しか駄目ですが。中細で2号くらいで編めば掛け

目のあんまり気にならないと思います。

靴下とレッグウォ-マ-

息子からのリクエスト、会社の冷房が尋常じゃなく強いようで、編みました。

 

薄紫の毛糸と紺、青                 えんじの毛糸に紺、青、グレ-

  

レッグウォ-マ-はシンプルに2目ゴム編みで。

 

残り糸で靴下を編むために、15cm以上の糸を繋いで、(1番目の方法)こんな大きな毛糸玉にしました。

   

この2つの毛糸玉を同時に、2本取りで編みます。

 

Go back to top