ラグランセーター  編み方  手直し

2013.3.10の記事です。

あれから手直しを加えつつ何枚かこのパタ-ンのセ-タ-を編んでみて今はこれが良いかなと思い書き直してみました。

 ちょっと小さくて読みにくいですが。

これはネックから編むセーターの基本形です。 胸回り96cm 袖周り36cmです。

ゲ-ジ15目×20段で説明していきます。

①まず首周りのゴム編み、約50センチ・76目を作り目をして好きな長さを編む。

②右袖からスタートになります。

袖は7.5cm、身頃は17.5cm  ☆はマ-カ-

右袖10目 ☆2目☆ 前身頃24目 ☆2目☆ 左袖10目 ☆2目☆ 後身頃24目 ☆2目☆に分けます。

マ-カ-は目数リング、短い糸を輪にした物でも可。

③2段はそのままの目数で編む。3段目からマ-カ-の前と後で2段に1回増し目をする。増し目は好きなやり方でよい。

簡単なのは1段目で掛け目をして2段目で捻って編む方法。

④ひたすら2段に1回増し目をして  右袖10目→44目(+34目・増し目17回) 30.5cm

前身頃24目→58 40cmになるまで編む。この時点でヨ-クの長さの計る。20cmに足りなかったらそのまま増し目

をしないで20cmになるまで編む。

画像 049   画像 051

⑤ここからは右袖、身頃、左袖と分けて編む。右袖 前身頃と後身頃 左袖 を3つに分けて毛糸か輪針などに移して休めておく。

マ-カ-の間の2目(ラグラン線)はそれぞれ袖と身頃に1目ずつ分ける。袖46目  身頃120目になる。

まず右袖を編む。別糸に休ませておいた右袖を針に移す。編み始めに糸をつける。休めておいた46目を編んだら巻き増し目で

まち分6cm・10目を作り目して輪にして編む。袖の2段目でまちの真ん中にマ-カ-を入れる。これが袖の編み始めになる。

10センチくらいまっすぐ輪にして編んだら、5段毎に編み始めと編み終わりで2目1度にしていく。そうすると袖が段々細く

なる。30cmくらいになったら減らし目をやめてそのまま編み、最後はゴム編みで終わり。もう片方も同じ作業をする。

⑥見頃を編む。

前身頃の最初の目に新しい糸をつけて編む。前身頃が終わったら袖のまち・巻き増し目で作り目した10目から10目拾う。

続けて休めておいた後身頃を編み、まち分10目を拾う。

そのまま輪にして好きな長さを編む。最後の5センチくらいはゴム編み、そのままメリヤス編みでも下がくるんと丸まって可愛い。

ゲ-ジの違う糸の目数を表にしてみました。作り目→増し目後

ゲ-ジ    14目        16目      17目      18目

目数・袖   10目→42目  12目→48目  14目→52目   14目→54目

目数・身頃  24目→56目  28目→64目  30目→68目   32目→72目

急いで書いたのでおかしなところがあったらごめんなさい。

春夏用靴下完成

母です。今日はちょっと風が冷たいです。

春夏用の靴下を1足編みました。

使用糸:LANA   GROSSA  の MEILENWEIT  COTTON  39.6g

cotton45%  wool42%   polyamide13%

使用針:1号

この糸だと2.5足編めることになります。

ちょっとボヤッとした感じの色目です。娘はopalのはっきりした糸が好きなのですが、春夏用のソックヤーンは

こんな雰囲気が多いみたいです。

Opal 毛糸のセーター完成

母です。久しぶりにセ-タ-が仕上がりました。2週間くらい前に突然左手首に強い痛みが出ました。

ネットで腱鞘炎診断をしたらビンゴでした。私の場合は手首単独の腱鞘炎のようです。テニス肘にもなって

いるので、あまり驚きはありませんが、思いの他痛みが強く不便をしています。肩こり、手首の凝り、指の

凝りが強いと腱鞘炎を起こしやすいようです。皆様もお気をつけください。

使用糸:opal  フンデルトヴァッサ-  1432 340g

使用針:3号

ネックから編む方法です。前に opal のセ-タ-を1本取りで編んだ時には6号で編みましたが、今回は

3号で編みました。しっかりした編み地になりましたが、6号よりは30gほど多くの毛糸が必要でした。

次回は4号か5号で編んで見ます。娘はこの1432番が大好きなので、ネックウォ-マ-も編もうか迷い

中です。

織物ショ-ル完成

母です。もう年数も忘れるくらい前にクローバーの咲きおりという卓上の手織り機を買いました。幅の広い物が

織りたいと思い60cの方を選びました。これが予想以上に大きいのです。織る時に出すので、つい面倒になり。

4年ほどかけてやっと完成しました。幅が一定にならずだんだん細くなってしまいましたが、まあまあ満足の1枚

になりました。

縦糸はコットン100の合い太の糸、横糸は紙でできた糸です。娘が気に入って、安くなっていたので、買ったも

のの在庫になっていた糸ですが、編むより織った方が合っていたようです。柔らかい織り地になりました。

 端は捻って二重にして結びました。幅30cmくらい、長さ170cmです。

 

Neck Warmer 完成

杉が終わったら今度は檜の花粉、咳が止まりません。後1ヶ月の我慢です。

neck  warmer   完成しました。今沢山の人が編んでいる腹巻き帽子です。と言っても、腹巻きや帽子にはしないので

娘サイズに編みました。

 opal  on   opal

 

  

裏返して捻って片方を片方にかぶせれば帽子です。

 これは編み始めから編み終わりまでメリヤス編みのみです。

娘は端はゴム編みがよいとのことなので、編み終わりをゴム編みにしました。

使用糸:opal  スウィート&スパイシーⅡ 8610(中細) すいか 100g

使用針:4号

大きさ:50cm×57cm

今回はゲ-ジ26目(10cm)だったので、50cm×26目で130目を普通の目の作り方で作り目をして

ひたすらメリヤス編みをしました。1玉使い切りなので、57cmの長さになりました。

普段Mサイズの方は50cmあればちょうどよい感じです。私はちょっと太めなので、52cmくらいあっても

よいかな。あまり太いとだらしない感じになります。並太でもよいですよ。その時は45cmくらいの長さで十

分だと思います。

春夏用靴下 完成

使用糸:REGIA   Cotton  Color  5406番 ウ-ル41% コットン34%  ナイロン25%

右足19.3g  左足18.8g

使用針:1号

右足を編んでから4ヶ月くらいたってから左足を編んだのでちょっと大きさが変わってしまいました。

この糸は1号、前回のナイフメ-ラは2号と少し糸の太さが違うので使用量が5gくらい違います。

 

春夏用靴下完成

母です。久しぶりに靴下を編みました。冬用は在庫がかなりありますが、春夏用は2、3足しかないので、頑張って

10足くらい編もうと思います。

使用糸:ナイフメ-ラ  色番不明  ウ-ル 42%  コットン 45%  ナイロン 13%

片足23.5gと24g使用 使用量に0.5gの違いがあります。右側のお写真の余り、下がちょうど0.5

gでした。

使用針:2号

ナイフメ-ラはやや厚手の靴下になります。夏にはちょっと暑いかなぁと思いますが、履いてみると大丈夫のようです。

 

アルパカセーター完成? 失敗

     

アルパカセ-タ-完成!と言いたいのですが。見た目はよい感じに仕上がっています。

 このセーターと同じ毛糸で色違いなんです。

アルパカ70%、ウ-ル30%、極太と並太の間くらいの太さです。このセ-タ-着てみると段々肩が下がってきて

しまいます。ブル-の方は肩の(ラグランの)増し目が3段に1回なので、肩線がかなり急です。なので、辛子色の

方は2段に1回の増し目でいつものように緩やかな肩線にしてみました。でも、やっぱり駄目でした。

アルパカ糸は伸びるというのは知っていましたが、今までは並太くらいまでの太さしか編まなかったので、こんなに

伸びるとは気がつきませんでした。悔しいので写真だけ撮ってご紹介。夕べ解きました。太いアルパカ糸はネックか

ら編むセ-タ-には向かないようです。何かのお役に立てればこの失敗もまあOKかな。

Granny Shawl 完成  簡単編み方

母です。編みかけの1枚、granny  shawl が完成しました。この名前は外国の物でおばあちゃんが余り毛糸で編んだ

shawl のことのようです。このshawl を見た時に子どもの頃に叔母が編んでくれた物だと懐かしくなりました。

叔母はピンクの並太毛糸で編んでくれたので暖かいけど使い勝手がちょっと・・・と思ったのを思い出しました。

海外の方が編まれているのはカラフルで大きな物が多いので、今回は中細より少し太い段染め糸で編んでみました。

  

使用糸:毛糸ピエロ オランジュ 320g

使用針:かぎ針 7号

大きさ:200cm×100cm

この毛糸は前に棒針で編みました。同じ糸なのに違う雰囲気のショ-ルになりました。

 全然違う雰囲気ですよね。

簡単に編み方を書いてみます。

1.輪を作る。輪の中に鎖3目編みます。そのまま同じ輪の中に長編み2目、鎖目2目長編み3目を編みます。

2.編み地を返して・・鎖3目立ち上げ1番左端の目に長編み2目を編む。1段目の鎖目2目の中に長編み3目、

鎖目2目、長編み3目、1番最後の目に長編み3目

3.編み地を返して・・鎖目3目立ち上げ長編み2目、下の段の長編みの間に長編み3目、鎖目2目に長編み3目

鎖目2目、長編み3目、下の段の長編みの間に長編み3目、1番最後の目に長編み3目

真ん中の鎖目2目が中心の三角ショールで、毎段長編み3目が1つずつ増えていくので、好きな長さまで編んだら

終わりです。

 へたくそな編み図です(笑)

 

編みかけ色々

母です。私の大きな編みかけを入れている袋を見て娘が並べてみろというのでやってみました。細い糸で編んでいると

太い糸でザクザク編みたくなります。小物を編んでいると大物が編みたくなり、たまにすごく靴下を編みたくなり・・。

それでいつも沢山の編みかけができます。

編みかけ靴下  13足 つま先だけの物からあと少しの物まであります。踵を編むのが好きなので

まちの増し目が終わったら次のを編んでいます。

shawl 4枚 真ん中の写真の左上はネックウォ-マー

セ-タ-  3枚

Go back to top