織物ショ-ル完成

母です。もう年数も忘れるくらい前にクローバーの咲きおりという卓上の手織り機を買いました。幅の広い物が

織りたいと思い60cの方を選びました。これが予想以上に大きいのです。織る時に出すので、つい面倒になり。

4年ほどかけてやっと完成しました。幅が一定にならずだんだん細くなってしまいましたが、まあまあ満足の1枚

になりました。

縦糸はコットン100の合い太の糸、横糸は紙でできた糸です。娘が気に入って、安くなっていたので、買ったも

のの在庫になっていた糸ですが、編むより織った方が合っていたようです。柔らかい織り地になりました。

 端は捻って二重にして結びました。幅30cmくらい、長さ170cmです。

 

Granny Shawl 完成  簡単編み方

母です。編みかけの1枚、granny  shawl が完成しました。この名前は外国の物でおばあちゃんが余り毛糸で編んだ

shawl のことのようです。このshawl を見た時に子どもの頃に叔母が編んでくれた物だと懐かしくなりました。

叔母はピンクの並太毛糸で編んでくれたので暖かいけど使い勝手がちょっと・・・と思ったのを思い出しました。

海外の方が編まれているのはカラフルで大きな物が多いので、今回は中細より少し太い段染め糸で編んでみました。

  

使用糸:毛糸ピエロ オランジュ 320g

使用針:かぎ針 7号

大きさ:200cm×100cm

この毛糸は前に棒針で編みました。同じ糸なのに違う雰囲気のショ-ルになりました。

 全然違う雰囲気ですよね。

簡単に編み方を書いてみます。

1.輪を作る。輪の中に鎖3目編みます。そのまま同じ輪の中に長編み2目、鎖目2目長編み3目を編みます。

2.編み地を返して・・鎖3目立ち上げ1番左端の目に長編み2目を編む。1段目の鎖目2目の中に長編み3目、

鎖目2目、長編み3目、1番最後の目に長編み3目

3.編み地を返して・・鎖目3目立ち上げ長編み2目、下の段の長編みの間に長編み3目、鎖目2目に長編み3目

鎖目2目、長編み3目、下の段の長編みの間に長編み3目、1番最後の目に長編み3目

真ん中の鎖目2目が中心の三角ショールで、毎段長編み3目が1つずつ増えていくので、好きな長さまで編んだら

終わりです。

 へたくそな編み図です(笑)

 

Autumn Butterfly Shawl 完成

使用糸:シルクハセガワ  ウタゲ-3 (合い太)

使用針:8号

使用パタ-ン:Autumn  Butterfly  (Drops  の Free  patterns) feather & fan のshawl

大きさ:180cm×75cm

三日月形のショールなのと、この毛糸の色と模様がよく合っているので編んで見ました。feather  は羽という意味の

ようですが、私も娘もこの模様は波のように見えます。ウタゲは合い太で、このパタ-ンの使用毛糸は中細だったの

で最後の20段くらいを省きました。別の糸でもう1枚編みます。

shawl名をクリックすると編み図が載っています。この編み図を編む前にセットアップとして32目まで増し目をします。

最初の作り目は7目  偶数段は両端2目のみ表目  後はすべて裏目

1段目:表目2 掛け目1 表目1 掛け目1  表目2

3段目:表目2 マ-カ-(☆) 掛け目1  表目2  ☆ 掛け目1 表目3 掛け目1 ☆ 表目2 掛け目1

☆ 表目2   = 15目

同じ位置で掛け目をして 19目、23目、27目、31目と増やします。

両端2目ずつ除いて 2目、3目×7 で8つに分けます。それぞれこの編み図を編めば三日月形になります。最初のパ

-トだけ2目なのでここだけ模様編み1段目に1目増し目します。

 

 

 

 

三日月形のショール完成しました

関東は夏のように暑くて、北海道は雪・・・・びっくりしました。そろそろセ-タ-を着るのも終わりですね。

と言っても真夏でもせっせと編み物はしていますが。

 

使用糸:ZAKKAスト-ア-ズ  MERISILK  4番   メリノウ-ル80%  シルク20% 4.5玉

使用針:6号

大きさ:230cm×67cm  編み上がりが190cm×60cmくらいだったのが、ブロッキングをしたらこんな

大判になってしまいました。20cmくらいしか大きくならない模様もあるので、大きさを見極める

のが難しいです。

レ-ス部分はMAUVE    の模様をそのまま使いました。その時に次のように増し目をします。

表側  エッヂの3目を編む  掛け目1目  表目1目  掛け目1目  チャ-トの編み図

掛け目1目  表目1目  掛け目1目  エッヂの3目

裏側 エッジの3目を編む 掛け目1目  裏目  掛け目1目  エッジの3目

MAUVE  は最初からこの模様を編んでいきます。この時は作り目の次の段からエッジの後と前で掛け目の

増し目をしていきます。(裏側なので両端1目ずつの増し目)

この糸はこのショ-ルのロット違いの糸です。実物はかなり違って見えます。

  

 

三日月形のショール編んでます

三日月形のショ-ルを編みました。Ravelry のフリ-パタ-ンを2つ使って編んでみました。

メリヤスの部分-Kindness  shawl と レ-ス部分  Mauve  の組合せにしました。

メリヤス部分の増し目の仕方。

Row 1 (RS): K3, yo, [k1, yo] 3 times, k3. (13 sts)  Row 3: K3, yo, k7, yo, k3. (15 sts)

Row 5: K3, yo, [k1, yo] 9 回, k3. (25 sts)    Rows 6-20:表側のみ: K3, yo, 表目 , yo, k3.*

Row21からは増し目の段の後はメリヤス編み10段で、表側のみRows 6-20*のように編みます。
Row 21: K3, yo, [k2, yo] 15 回, k3, yo, k3.  Row 33: [K3, yo] 21回, k3. (87 sts)

Row 45: K3, yo, [k4, yo] 22 times, k3, yo, k3.    Row 57: K3, yo, [k5, yo] 25 times, k3.

Row 69: K3, yo, [k6, yo] 26 times, k5, yo, k3.     Row 81: K3, yo, [k8, M1] 24 times, k7, yo, k3.

ここまでで高さが30cmになったので模様編みにします。Mauve の模様は12目1模様+1目

で編むようになっています。Row81で両端のガ-タ-部分の6目を引くと225目、229目必要なので、

メリヤス4段を編んでからレ-ス模様に入ります。レ-ス模様のチャ-トはショ-ルの名前の所をクリック

すると見られます。メリヤス部分が終わって模様編みに入ったところです。

Traveling Woman shawl 完成

母です。だいぶ春らしくなってきました。またまた夏みかんのママレ-ド作りに追われています。

今回は三日月形に近いショ-ルです。Ravelryでも人気のパタ-ンで今回はFree  ver. を編みました。

  

  

 横に長いので、上の写真のように、後で結べます。

使用糸:シルクハセガワ  utage-5   180g  195×73

使用針:6号

このショ-ルは、メリヤス編み+模様編みの形で、どちらを多くしても良いパタ-ンになっています。

今回はメリヤス部分を約30にして模様を多くしました。

メリヤス部分は表側で4目(端2目とセンタ-2目)、裏側で端2目増しになり、模様部分は毎段、両端で

2目増しになります。模様自体も簡単で調整も簡単なので、お勧めです。

Frosty Apples Lace Fichu  完成

使用糸:シルクハセガワ  utage-3  ストロ- 180g

使用針:6号

パタ-ン:Frosty  apples  lace  Fichu 

  これは三日月になる筈でしたが、かなり横長な三日月になりました。210cm×75cmとかなり大きくなって

しまいました。実は前に編みかけとして葉っぱ模様のショ-ルを編んでいて、完成はしたけれどもっと大き

くなってしまい、全部解いて編み直しました。これは娘のお友だちにプレゼントするのですが、あまりに横

に長いので、気に入って貰えるかちょっと心配です。

横に長いので、後で結んだり、首にぐるぐる巻けます。

  

編みかけ3枚

お正月明けに熱をだしてしまい、さすがに編み物はまったく出来ませんでした。今回は大きな編みかけは

この3枚です。

息子のベスト。holst  garn  の  titicacaというベビ-アルパカ100の毛糸です。極細(中細の半分くらい)

なので、なかなか進みません。目が揃わなくて困っています。

DSCN1878

これはシルクハセガワのウタゲで、三日月形のショ-ルになります。娘のお友だち用です。来週中には

完成させたいです。

DSCN1879 DSCN1880

こちらは娘のやっぱり三日月形のショ-ルになります。

DSCN1881 DSCN1882

家用靴下完成  編みかけショール

母です。寒いですねぇ。さすがの私も厚手のセ-タ-+ショ-ルを首に巻いてのお使いになりました。

息子の極細毛糸のベストを編み始めました。ベビ-アルパカで極細を1本取りなので久しぶりに悪戦苦闘

しています。もう少し編めたら紹介したいと思います。

こちらは残り糸4本での靴下です。編んでいる時は  ?! でしたが、出来上がったらまあまあでしょうか。

靴下はどんな糸の組合せもありですね。

dscn1852 dscn1853  dscn18461

こちらは娘のお友だちへのプレゼントショ-ルを編むので、事前にうまくいくか試しています。

大判の三日月、葉っぱ模様、エッジがつのつのしているというのがご希望なので、ちょっと頭を悩ませて

考えてみました。RavelryのHaruniという無料パタ-ンを少し変えたMyruniというパタ-ンがあります。

それをまた少しアレンジして編んでみます。うまくいくとよいのですが。

dscn1854

 

adjustable warp 編み足しました

dscn1803 dscn1805

dscn1806

180×60cmだったのを200×80cmに編み足しました。下の写真のように巻いて後で結ぶことができます。

20cm大きくなっただけで使い勝手がぐんとよくなりました。

Go back to top