靴下編みました

編みかけの靴下が12、3足あります。在庫のソックヤ-ンを整理したり、眺めているとどん

な感じかなぁとつい編んでしまいます。10cmくらい編んだ物、後ゴム編みだけの物、踵から

の物と色々あります。

DSCN0926[1] DSCN0927[1]

使用糸:Regia brasil  color    59g  実際の色はもう少し暗め

この糸は1玉が50gなので、片方の最初だけ少し巻き取りました。

使用針:1号輪針2本(編み始め)  1号棒針4本

今回は、両足の色合わせがまあまあうまくいきました。と言っても、ほとんど色合わせはしませ

んが。

最近は編みたいショ-ルが沢山あり、セ-タ-や靴下がなかなか完成しませんが、やっぱり

靴下編みは楽しいです。

 

残り毛糸の靴下

靴下を編んだ残りのソックヤ-ンで編みました。それぞれの糸を2つに分けて、繋ぐ順番を適当に変えてみました。2gくらいのもあれば15gくらいのもあります。

DSCN0765[1]

DSCN0761[1]

DSCN0759[1]

使用した糸   Opal Hundertwassers1434 、  1432、 キリン柄少々、  

          regia  monster 1810と1811、 内藤商事ダイアナクラウン

ダイアナクラウンは他の糸よりほんの少し太いし、メ-カ-も違う糸ですが、私としてはそんなに違和感なく、案外可愛い靴下が出来上がったと大満足です。前に残り糸を単色の糸と組み合わせたのですが、それより楽しい靴下になったと思います。まだまだいっぱい残り糸が出るのでまた全く違う色目を組み合わせて編みたいと思います。

靴下2足完成。

母です。ク-ラ-をかけて家にこもって編み物をしています。贅沢ですねぇ。

DSCN0754[1]

とうとうこの糸も終わりになってしまいました。娘用にまちは小さめで下に1枚履ける程度の幅で編みました。

DSCN0752[1]     DSCN0753[1]

使用糸:マンセル  使用針:6号

ラメ入りの糸です。昔家の近所でマンセルの糸を50gの毛糸玉に巻く工場がありました。依

頼があった残りの糸を店頭で売っていてとても安かった(50g10玉で2000円くらい)

ので大量に買っていました。その頃はユザワヤオリジナル商品とは知らなかったのですが、

今よりずっと質が良くて安かったんです。これはラメ入りなので、アレルギ-の私たち親子に

は着る物には出来ず、20年以上眠っていました。重ね履き用の靴下ならということで陽の目

を見ました。まだまだ15玉くらい残っているのでせっせと靴下にします。

 

段数リングです。編みかけが沢山あって足りないので、クリップとビ-ズで作りました。娘には「何?その変なの?」なんて笑われてしまいました。

作る時にはちょっと力が要りますが、編み地につけた後は簡単に曲げられるのでしっかり止まって使い勝手は悪くありません。不格好ですが、役には立つんですよ。

DSCN0755[1]      DSCN0756[1]

賑やか靴下完成

母です。本当に暑いですねぇ。こんなに暑いのに編み物のブログなんかを見てくださってありがとうございます。秋にすぐ使えるようにとプレンゼント用のショ-ルを2枚編んでいます。

息子の編みかけのベストも仕上げねば。来週名古屋の父の所に行くのでその時にはベストを持っていこうと思います。

今度は靴下です。

DSCN0745[1] DSCN0746[1]DSCN0747[1]

使用糸:不明  イタリアの糸30年ほど前に購入  片足55g

使用針:8号

つま先は8目、32目に増して大きめに編みました。重ね履き用です。つま先は丸く、まちは4目の小さめにしました。何だかちょっと可愛い靴下になりました。

あと140g残っているので、もう1足同じ靴下をプレンゼント用に編みます。

Non Felted Slipper  の変形バージョン

千葉は今日はク-ラ-なしで過ごせるくらいの日になりました。35度とかが続くと32度でも涼しく感じるなんて本当に不思議ですね。

暑いので毎日ル-ムシュ-ズを編んでいます。暑いなら編み物は休めばいいのにって言われそうですが、どんな時でも毎日必ず編み物か縫い物をしないではいられないのです。

ピンクの方は最初に編んだように全部輪編みでくるくる編んでそのまま丈を長くしました。紺とエンジの方はガ-タ-編みの部分をゴム編みにしました。

このル-ムシュ-ズは1日1足出来るのでため込んで、娘が要らない分はプレゼントにします。

あげるならゴム編みバ-ジョンがよいでしょうかねぇ。

DSCN0743[1]    DSCN0744[1]

 

 

またまたルームシューズ完成

DSCN0738

母です。この糸がなくなるまでル-ムシュ-ズにしようと思いまたまた編みました。実は1足完成したら、左右の大きさがかなり(1cmほど)違っていて、それぞれを8号と9号で編んでしまったようです。

そこで、8号と9号で編んで2足完成させました。

ついでにNon  felted  slipper の1足。何だか不格好ですが、娘が履いてみると案外可愛いです。かなり大きいですが、重ね履き用なのでいいかな。

DSCN0739

 

簡単ルームシューズ編み方

母です。今年は珍しく暑さに負けて、夜眠れなくて昼間うとうとしている状態です。どんなに暑くても編み物だけ

は止められないのですが、頭を使う物は編めず、こんな物ばかり編んでいます。

DSCN0734

これはよく編まれているとても簡単なパタ-ンですが、どこも綴じなくて糸も切らないで最後まで編めるようにし

てみました。今回は踵の方から編みます。13目で10cmほどの太さの糸です。

まず、8目作り目をします。

DSCN0725

DSCN0726

今回は輪針を2本使っていますが、棒針でも構いません。

針に8目ずつ分けて編んでいきます。

1段目  表8目  表8目 編み地をひっくり返す。

2段目  表7目、増し目1目、表1目  表1目、増し目1目、表7目

3段目  表9目  表9目

4段目  表8目、増し目1目、1目  表1目、増し目1目、表8目

上記のように2段に2目を増し目していき16目(32目)にする。

DSCN0727DSCN0728

16目になったら、長さ10cmになるまで、目を増減しないで編む。

DSCN0729 とこんな感じになります。

今見えている方が裏、中側になります。糸は左側になっています。

ここから輪にして編んでいきます。このまま今見えている面を中にして半分に畳むように右側のピンクの段数リン

グがついている目を編んでいきます。この時糸が緩くならないようにちょっときつく編みます。

DSCN0730

ここからは足の指の付け根あたりまでの長さになるように編みます。

次はつま先を編んでいきます。16目が底、16目が甲側になります。甲側は休めておきます。

底は  右上2目1度、12目表編み、左上2目1度  編み地をひっくり返す。

14目裏編み。  これを繰り返して6目まで減らします。 糸は表側の左端になるようにします。

DSCN0731

上の写真のように台形が出来ました。今度は台形のサイドに5目拾い目をしていきます。(16目から6目に

減らして、10目減ったので、サイドで5目ずつ)

休めてあった甲側の16目を表編みで編んで反対のサイドからも5目拾います。

DSCN0732 こんな感じです。

私はこのまま輪で1段編み、糸が上の写真の輪針の前の棒針の最後の目まであみました。

いよいよこれからつま先の始末です。針にかけたまま今編んだル-ムシュ-ズを裏返しにします。

DSCN0733

棒針は1本にまとめました。底の16目と甲の16目を引き抜きはぎします。

DSCN0735[1]

表に返すと

DSCN0737[1]

黒い棒の部分が綴じた部分。

この面白い綴じ方はこの方のブログで見つけました。

前からやってみたかったのですが、私は靴下はつま先からしか編まないので今回試してみました。

暑いのに・・靴下編みました

母です。湿度の高さに参っています。東北の震災の時千葉県は計画停電をしたので、働いてもいないのに、

ク-ラ-をつけるのはためらわれて・・・・・・。もう少し我慢です。

毛糸を編んでいると汗が凄くて糸がスルスルと滑らないので手を洗いつつ編んでいます。

マザ-ズバッグをプレゼントした若い友だちのお母さんにあげた靴下がそろそろやられてしまったそうなので、

プレゼントします。いつも同じような形なので、底にゴム編みを入れてみました。

DSCN0710 DSCN0711

前回編んだNon-felted Slippersが大きすぎたのでほどいて、作り目を23目にして、底の増し目も減らして

編み直しました。今度は厚い靴下を履くとピッタリ過ぎるとのことで、極太は1目が大きいので、微妙な調整

が出来ないのが難しいです。でもこの Non-felted Slippersは並太より極太ですよね。

娘が履いてみました。opal毛糸で編んだ靴下と重ね履きです。

imageimageimage

今回は底をアクリル混の糸で編みました。息子に「どう?(この色)」と聞いたら小さい女の子なら可愛いと

言われてしまいました。まあ、室内履だし、・・・・・・。

着る物にはちょっとという毛糸が沢山あるので、しばらくこれを編もうと思います。

 

DSCN0714DSCN0713DSCN0715

 

 

Non-felted Slippers 編み直しました

母です。夕べは台風のために雨戸を閉めていたので、暑くて中々寝付けませんでした。うとうとしながら、やっぱり

私の編んだNon-felted Slippers はあまり格好よくないなぁと思い、朝食の後編み直しました。

底は残してほどき、6段減らし目をしながら編んで、ここからは編み地をひっくり返しながら編みました。ちゃんと靴の

ようになりました。

DSCN0707 DSCN0708 DSCN0709

昨日のやり方で編んだ物は簡単だし、そのままゴム編みをして靴下のようにしてもいいかなと思います。

手編みの靴下を欲しがってくれる友だちが何人かいるので、今度の冬はこれをプレンゼントすることに

します。

Non-felted Slippers を編みました

母です。蒸し暑いですね。こんな暑さの中でちょっと暑苦しいですが、こんな物を編みました。

Non-felted Slippers

DSCN0701DSCN0700[1]

ravelryで見つけた無料パタ-ンです。これはナカムラユウコさんという日本の方がデザイン

された物です。

靴下は手編みの物しか履かないという方で私はまちつきの靴下をこの方のブログで覚えて

それからはずっとその方法で編んでいます。

娘が、冬は室内ではソックヤ-ンの靴下と並太で編んだ靴下を重ねて履いているので、この

靴タイプだと可愛いなぁと思っていました。

ニガババロアさんという方が日本語訳した物を公開してくださっています。

Non-felted Slippers   by Yuko Nakamura
日本語訳パタ-ン

編まれる方は上の言葉で検索してみてください。

本来は平編みで底と上の部分を分けて編んで後で綴じるのですが、輪編みで編みました。

DSCN0697

靴下のつま先を編む時のように作り目をします。

画像 059

底は4か所で増し目をして楕円形になりました。

私は糸は切らずにそのまま甲を編みました。

DSCN0706

写真の後側が編み始めで踵になります。こちらは増減をしません。手前側がつま先になりま

すが、糸でつけた印の両脇で2目1度をしていきます。

みなさんが編まれた物はもっと靴のように見えますが、私のは同じ段数なのにちょっと高さが

出てしまいました。

これはMサイズなので娘用のSサイズを計算しなければ・・・・・・・。

 

Go back to top