春夏用靴下5号完成

寝室のク-ラ-が古くて全然効かないのでとうとう新しくしました。この10年ほど窓を開け

て扇風機をつけて何とか眠れていたのに、今年はこの暑さが堪えて・・・・・・。

DSCN1095DSCN1092DSCN1093DSCN1091

使用糸:LANA  GROSSA    MEILENWEIT  COTTON  色番不明  36g

REGIA   COTTON    6g

使用針:1号

これもまとめてオ-クションで手に入れた糸です。色違いで36gずつ2色なので、履き口の

最後の部分(上半分弱くらい)を春夏用靴下3号の残りで編みました。もう1色の方もこの手を

使って1足編みたいと思います。

今このLANA   GROSSA のコットンプレミアムというバンブ-混の糸で編み始めましたが、ど

ちらも編みやすい糸です。

春夏用靴下4号完成

暑い!暑い!今年はちょっと調子が悪いので本当に暑さがこたえる母です。

ク-ラ-をかけて編み物をやっています。写真がぼやけています。この糸のせいか、何枚

撮っても駄目なんです。お許しを。

 

DSCN1083[1]DSCN1084[1]

DSCN1080DSCN1070

使用糸:Regia  cotton  coler  5405  21g(両足分)42g

使用針:1号

この前の春夏靴下3号はRegia  cotton。あちらの方がより編みやすい糸でした。この

糸も悪くないのですが、ちょっと糸の滑りがよくて編み目が緩みがちになり、編む時に余

分に力が必要でした。

夏は手編みの靴下はそんなに履かないよねぇと聞いたら、土曜日に履いて出かけたけど、

全く暑くなくて快適だったとのことでした。市販の靴下みたいに足にくっつかなくてよいとのこ

と。ウ-ルも41%入っているのに、何か不思議です。春夏用ももう何枚か編もうと思います。

春夏靴下第3号 完成

オ-クションで手に入れた春夏用のソックヤ-ンを全部靴下にするべく奮闘中です。冬

用の靴下は長いので、56gくらい必要ですが、夏用は42gあれば1足編めてしまいます。ゴ

ム編み部分が短いので、時間もかなり短めであっという間に完成で嬉しいです。

履いている方の色が近いです。

DSCN1053DSCN1057DSCN1054DSCN1056  使用糸:Regia  cotton   5428番  wool41%   cotton34%   polyamid25%

使用針:1号

この糸はかなり良い糸です。編みやすさ(コットンが入っているのに、ウ-ルとポリアミドの

ソックヤ-ンとと代わりない編み心地。)内藤商事のナイフメ-ラはちょっと太めなのもあって

ちょっと編みにくい。)履いた感じもこの靴下なら夏でも履けそうとのこと。opalのビスコ-ス入

りのソックヤ-ンも買ったので、次に編んでみます。

春夏用靴下2枚目完成

母です。今日は夕べからの雨が降り続いて梅雨らしい日です。息子を駅に送り、病院に検

査に行って、今日は1日編み物三昧といきます。

春夏用2枚目、夏用だからすかし模様もいいかと思い、spring  foward という名前の靴

下の模様だけいただきました。2つだけの繰り返しでとても簡単な模様です。

DSCN1039DSCN1040DSCN1037DSCN1038

今日は特に写真がうまく撮れません。

使用糸:SWTC(会社名)のTO-foot-sies 21g×2 42g 100gまきなので2足編めます。

ウ-ル50% コットン22.5% に ポリアミド soysilk 甲殻類の殻で作った何か

が混じった糸です。私にもよく分かりません(苦笑)。

使用糸:1号

何だか春夏用の糸で編むと、出来上がりの大きさは同じなのに、履いてみると緩い感じが

するようです。模様がおばあちゃんみたいだし、すかし模様だし・・・とあまり気に入らない様

子。でも履くそうです。娘は模様なし、足首から上はゴム編みの靴下が一番好きなんです。

 

今回足首丈+コットン混の糸の靴下を編んでみて思ったこと。

1.ゴム編み部分は目数を減らす必要がありそう。

2.マチも目数を減らして編んでみます。

最初は5枚目くらいで足にピッタリの靴下になったので、今回はちょっとましです。

次は履き心地満点になるように頑張ります。

またまたヘンテコ(変梃)靴下編みました

DSCN1017

DSCN1030DSCN1031  何、これ?! な靴下です。

使用糸:regia 名前、色番不明  踵部分はopal

使用針:1号

この毛糸、かなり前に買いました。色違いだと勘違いしたのと、靴下は50gでは1足編め

ないということも知らなかったので、ずっと、編んではほどいて、放っておいたのですが、どう

にも気になってしょうがない糸でした。娘が、今、わざわざ左右で色や模様が違う靴下も若い

人に人気だよと言うので、いっそ片足ずつ編んでみました。

半ばやけくそで編んだ靴下、人にお見せするのも恥ずかしいのですが・・・。

毛糸屋さんは毛糸の色がちゃんと分かる照明にしてほしいです。(そういえば、昔、手染め

の毛糸を買った時、店内では落ち着いたいいピンクだったのに、家で開けたら肌色でした。

100g2500円もしたのに・・・・。余談でした。)

初めての春夏用靴下完成

オ-クションでソックヤ-ン詰め合わせを手に入れました。自分では買わない物や廃番に

なった物、残り糸色々。半分はウ-ルとナイロン、半分はウ-ルにナイロン・春夏素材混でし

た。

DSCN1018DSCN1032

DSCN1034

使用糸:Panda  cotton   (59%bamboo  25%cotton  16%nylon)50g

履き口は不明(伸縮性がないのでcottonかな)

使用針:1号

50g1玉しかなかったのですが、娘がスニ-カ-ソックスは嫌というので、履き口は別糸で

編みました。実際の色は右上の写真をもう少し濃くした色で、ちょっと、変な靴下かなと思っ

たのですが、履いてみたら案外可愛いのでびっくり。

bamboo混なので、さらっとして、今日みたいな日でも履けそうとのこと。

他にもbamboo混の糸を探してみましたが、ウ-ルとの混紡しか見つかりませんでした。

cobasiという cotton  bamboo  silk 混という糸を見つけましたが、単色なので買ってみるか

どうか迷い中です。

 

黄色の靴下完成

DSCN1015

使用糸:regia  monster 1811番 59g

使用針:1号

ちゃんと柄合わせをしたのですが、片方(下側)のゴム編み半分部分が手が緩んでしま

い最後にすこしずれてしまいました。使用糸も29gと30gという結果に。編み直そうか迷って

います。靴下をずっと編んでいると右手の親指にたこが出来て凄く痛いのでこんなことなっ

てしまいます。

今せっせと靴下を編んで残り糸を作成中です。残り糸で編みたくなるのをじっと我慢です。

DSCN1021DSCN1022DSCN1023DSCN1024DSCN1025

 

残り毛糸で靴下完成

今、せっせと靴下を編んでは残り糸を貯めています。ミニボ-ルを買うと高いので、自家

製ミニボ-ルです。

今回は編み始めは同じ糸を使いました。この糸のみの靴下も今編んでいます。

DSCN0987

使用糸はフンデルトバッサ-2種、ジャガ-ド、フィヨルドルック、名前不明の物で、計5

種類を使いました。4種は同じ糸で、順番を替えてみました。

DSCN0990DSCN0994

DSCN0992DSCN0993

編んでいる途中で何か可愛くないなぁと思ったのですが、完成したらまあまあでしょうか。

残り糸の靴下は編んでいても本当に楽しいのですが、50種類くらいの糸を貯めるまで、普

通に編むことにします。

 

靴下完成しました

 そろそろ靴下という季節でもないのですが、暑くても寒くても1年中毛糸を編んでいる母です。

今回は opal ではないソックヤーンで編みました。

今まで編んだ中ではわりに落ち着いた色目です。

使用糸:Lana Gatto 6483

使用針:6号

DSCN0983DSCN0984  

輪針を使って靴下を編む方法

輪針を使っての靴下の編み方の質問がきました。私のやり方ですが、ご紹介したいと思

います。輪針で編む時も、棒針で編む時も針が違うだけで全く同じです。

輪針と棒針、どちらも平編みも輪編みもできますが、輪針は1本でどちらもできるんです。輪

針の長さよりも大きいものは勿論、180cm輪針で5cmの輪編みもできます。

DSCN0959

これは140cmの輪針で8.5cm幅の靴下を輪で両足同時編みにしている物です。こんな風

に余ったコ-ドを編み地の間から出して必要な分だけ使うんです。これはマジックル-プと

いう名前がついていて外国ではよく使われる手法のようです。自分で勝手にやっていたこと

がこんな大層な名前がついていることにびっくりしました。

マジックル-プをする時はコ-ドの柔らかい物でないと、コ-ドを引っ張り出している部分が

広がってしまいます。コ-ドの固い輪針を使って針の長さより短い輪編みをする時は、輪針

を2本使えば大丈夫です。私は輪針は各号数50本くらい持っていますが、棒針は3組くらい

にしました。セ-タ-も胴体部分から袖口まで輪針を1本もしくは2本使えば、輪編みでも、

平編みでもできるので、目を落とすこともないので輪針は本当にお勧めです。

(ただ、私は靴下はつま先が終わった後は、15cmの棒針4本で編むのが好みです。)

今回は前にupした靴下の編み方を画像を輪針を使った物に替えました。

☆輪針1本で編む場合。

addiの輪針はかなりコ-ドが柔らかいです。両足同時に編む時は100から120cmくら

いの長さの針を用意します。

1.8目(足裏側8目、甲側8目)作り目をする。

どの太さの糸でも8目で大丈夫だと思います。まずは1足編んで2足目からは自分の好みに変更。

DSCN0965DSCN0966

DSCN0967

写真の上側の針を引っ張り上げて普通に編んでいきます。

 

2.両端1目の内側で掛け目で増し目をする。自分の長さから7.5cm短い長さまでまっすぐ編む。

次の段は1目編んで掛け目をして、前の段で掛け目をした目はねじり目で編む。

→並太はこのまま16目か18目になるまで毎段増し目。

中細は24目になるまで毎段増し目、残りは1段おきに増し目をして30目か32目にする。

足周りが10cmくらいなのでこの目数。足を入れて見ましょう。

DSCN0959写真は両足同時ですが、片方ずつで構いま

せん。両足同時編みの時も私は最初の何段かは別々に編んだあと両足を一緒にします。

段数リングがついているのが増し目終わり。

3.自分のサイズから→並太8.5、中細7.5センチ短い長さまで編む。→まちを編む。

この写真だと左側の段数リングまで。編み地の手前側が足の裏側、向こう側が足の甲側になる。

足の裏側にまちを作る。両端の1目内側に1段おきに掛け目、ねじり目を使って増し目をする。

まちは並太6目、中細7~9目  甲側は増し目をしない。

DSCN0969

4.踵の編み方  wrap&turn  ここからも輪針で大丈夫ですが、両足同時編みのときは、

踵が終わるまで片方ずつに分けます。編み地の手前側が足の裏側なので、甲側はコ-ドに

休めたまま、手前の足の裏側だけを、往復編みします。

まち分を編む。その後紫の印と印の間を往復編みでwarp&turnをする。

catさんは印の2目手前をwarp&turnしていますが。warp&turnは両側1/3ずつにします。

 

DSCN0972DSCN0970

warp&turnをしたところ。動画にあるように段消しをする。

5.まちを減らす。

踵が出来上がり。次にまちを減らしていく。

この時に踵の部分の補強と踵にフィットするようにちょっと変わった編み方をします。

段消しが終わって、糸は最初の印の前にある筈。      △↓

★1目は編まずにすべり目(右の針に移す。)2目目表編み、3目目すべり目・・・・

これを交互に繰り返し、次の印の1目手前にきたら、印の前の目とまちの目を2目1度する。

この時まちの目が下になるように編む。編み地をひっくり返して、

1目目はすべり目で後は印の1目手前まで裏編みをして、印の前の目とまちの目を2目1度する。★

★から★の間を繰り返してまちがすべてなくなるまで往復編みをする。

DSCN0971

6.ここからは輪で編みます。

まちがすべてなくなって糸は編み始めのところにある状態。足の裏側を編む。

甲側をそのまま編むと穴が開くので、足の裏側と甲側の間でなるべく綺麗に2目拾う。甲側

を編む。2目拾う。足の裏側は6段くらいは△(すべり目、表編みの交互)の編み方。これで

編み始めに戻る。

私はこの後2目ゴム編みで好きな長さになるまで編みます。

この方が足にフィットするとの娘の希望なので。このままメリヤス編みで編んで数センチだけ

ゴム編みでもこれはお好きに。

7.最後は伏せ止め。伏せ止め

これもcatさんのちょっとかわった伏せ止めです。靴下を脱ぐと履き口がびろーんと伸びてい

ますが、この止め方だと洗って乾くとまたピタっと綺麗になっているそうです。

娘は足が小さくて、甲が高くて、足首も細く、ふくらはぎと足首の太さがあまり変わらないので

踵が終わった後4目しか増やしていませんが、ふくらはぎのあたりは増し目をした方がよいか

もしれません。

 

☆輪針2本で編む時

1本の時と違うのは、足の裏側・針1本と甲側で針1本に分けることだけです。

DSCN0972

両足同時編みの時はこんな風になっています。まず右側の靴下の足の裏側を編みます。糸

は左側にきています。今度は左足の靴下の糸に替えて左の足の裏側を編みます。編み地を

ひっくり返してそのまま左足の靴下の糸で左の甲側を編みます。糸を替えて右側の甲側を

編みます。当たり前なんですが、糸を替えないで編んでしまったり、それぞれ別の針で編ん

でしまってあれっということがあります。

DSCN0961DSCN0962

文章だけでは何だか訳が分からない感じですが、やってみてまた何かあればご質問くださ

い。

 

Go back to top