簡単ショルダーバッグ完成  作り方

母です。今日はショルダ-バッグを作りました。幅30cm、高さ34cmくらいで普段出かける時に使います。この大きさでも案外

入ります。何年か前に幅が35cmくらいで手染めのこの布を見つけました。かなり高かったので、バッグが作れるくらいの長さに

切ってもらいました。あと色違いで3枚あるんです。

DSCN1452

作り方は簡単なので書いてみます。

1.まず、布を切ります。

DSCN1436

作りたいバッグの大きさを決めます。今回は幅32cm、長さ70cmの布、表布1枚、裏布(白)1枚を用意します。縫い代は含んで

います。紐は幅3cmで120cmの長さにするので、5cm幅で122cmの布を表布、裏布1枚ずつ用意します。今回は、幅32cm

で16cmくらいの布を4枚に切って使いました。

2.紐を縫います。

表布と裏布を中表(表同士を中にすること)にして片側を縫います。もう片方を1cmほど折ります。この時に表布の方を先に折ります。

面倒ですが、アイロンをかけると後で縫いやすいです。次に裏布を折りますが、表布よりはみださないように気をつけてください。

DSCN1440   DSCN1441

紐の片側と両端の3方向を縫います。両端も中に1cmほど折りこんで縫います。

3.袋を作ります。

DSCN1437  DSCN1442

表布と裏布を中表にして重ねます。この短い方の両端をそれぞれ縫います。この時に片側だけは、真ん中の10cmくらいを

縫わないようにします。縫い終わったら下の写真のように縫ったところを重ねて折ります。片側は右の写真のように真ん中が

開いています。

DSCN1445  DSCN1444

今度は上の写真の上下をそれぞれ縫います。今回はまちをつけました。まちは4カ所、それぞれの角を下の写真のように三角に

折り縫います。

DSCN1463[1]

その後開いている部分から布を引っ張り出すと下の右側のようになります。

DSCN1447  DSCN1448

白い裏布の方を表布のほうに入れます。

DSCN1449  DSCN1450

4.紐をつける。

まだこの状態では入れ口の一部が開いています。裏布をきちんと入れたら開いている所から手を入れて中側を落ち着かせ

ます。その後この入れ口を一周ぐるりと縫っておきます。今回はボタンで袋の口を閉じるようにしました。ボタンホ-ルは面倒

なのでル-プをつけます。今回は裏布を使って、ル-プを作り、開いている部分に入れて一緒に縫ってしまいます。

DSCN1451

アレンジ色々。

紐は市販のテ-プでもよい。

紐を短くして2本作り、ト-トバッグにするのも同じ縫い方です。キルティングや厚手の布なら裏布なしでもよい。

みんな同じ作り方です。

DSCN0439  DSCN0496 DSCN0772[1]

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Go back to top