The Watcher3

20130820_220930.jpeg 20130820_220930_2.jpeg

昨日買った桃が大当たりでめでたい娘です。ども。
夏糸ショール第2弾はガーターだけの段階が終了して、藤編みっぽくなる模様を入れています。
黄色い糸を途中に入れたのですが、考えなしでやったので、紺色の糸が混ざっていないきれいに縞々な側は裏になっているため、模様がきれいに出る表との兼ね合いが微妙になってしまいました。
写真1枚目が裏面(黄色と紺色はきれいに縞々・藤編みは出ない)、写真2枚目が表面(黄色の端に紺色が混ざってしまう・藤編みは出る)です。
私の伝えたい意味、わかるでしょうか。ガーターは糸を変えるとどうしても片面の端は色が2色混ざってしまいます。
試しに縞々がきれいな方に模様がきれいに出る方も少し試してみたのですが、これが案外地味で面白みがなかったので失敗したまま進めることにしました。怪我の功名です。
これができたら、次に編むものももう決まっているので、ざくざくがんばります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Go back to top