opal毛糸のVネックカ-ディガン ネックからの編み方

母です。今回はネックからtop-down で前立ても一緒に編むカ-ディガンの編み方紹介です。簡単に編めますので、是非挑戦してみてください。

    

2016.8.20公開のBrick  sweater ネックから編むセ-タ-の編み方を応用してみました。

1.赤い線の部分が作り目になります。赤い点とA、Fの10箇所で増し目をして前襟ぐりの長さ分を往復編みして、身

頃、袖に分けて編んでいきます。カ-ディガンなので途中で輪にしないでずっと往復編みのみです。

    

ゲ-ジをとって作り目の数を計算します。このカ-ディガンはopal毛糸(中細100g400m)を5号で編みました。

息子用なので、胸囲100cmです。ゲージが24目。36段です。

作り目の計算が袖(BC)8cm 後身頃17cm にしました。BCDEを2目にして前身頃分を2目にします。

☆2目 2目  20目  2目 40目  2目 20目  2目  2目  計92目

 

まず、1目ゴム編み15目(約5.8cm)分の作り目は後から解けるように鎖から拾います。これがそのまま前立に

なります。92段編みます。糸を切らないで下の写真のように☆の部分の目数を拾い目します。1目ゴム編み14目編

んだら2目編み、増し目というように後はセ-タ-と同じように増し目をしながら編んでいきます。

2.今回はボタンを付けなかったので、前身頃の方が後身頃より1cmほど幅が長くなるように編みました。ボタンを

付ける時は最初のボタンの位置と着丈を決めて、ボタンの間隔を決めます。ボタンの穴は掛け目をして次の段で掛け目

の次を2目1度します。

または、無理穴といってボタン穴にしたいところの目を1つ無理無理大きくする方法もあります。こちらは並太以上の

毛糸でないと出来ません。

3.22cmほどの長さが編めました。

   

後は両袖、前後身頃に分けます。好きなところから編みます。

袖のまちを拾ったところ、このまま袖を編みました。

4.前後身頃を続けて編みます。今回はボタンを付けないので、最後のゴム編みはそのままの目数で編むとゴム編み部

分の幅が80cmほどになってしまうので、メリヤス編みの部分の目数に1.25倍した目数に増し目をしてからゴム

編みにしました。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Go back to top