ソックヤーン2本取りのセーター  上から編む前後差のあるセーター

母です。茶系のソックヤ-ンを2本取りにしてセ-タ-を編みました。靴下にはあまり可愛くなかったり、中途半端な

量の糸を適当に繋げて編みました。ちょっと素朴な雰囲気のセ-タ-が出来ました。娘は気に入ってくれたようでま

あまあ満足の1枚になりました。

            

使用針は10号。opalのみのセ-タ-は大丈夫でしたが、今回は他のも入れたのでちょっとチクチクするそうです。

今度はopal毛糸の2本取りで編んでみます。

今回は首のゴム編みを編んだら、そのまま引き返し編みをして前後差をつけてみました。正解かどうか分かりません

が、簡単に出来るので編み方をご紹介したいと思います。

写真を撮り忘れたので、この次に編み始めた別の毛糸の写真も使いました。

ネックから編むセ-タ-の基本形をアレンジしました。 2016.9.6 の記事に詳しく書いてありますので、今回は

ゴム編みからヨ-クの終わりまでを書いてみます。

ゲ-ジ16目なので、ゲ-ジが違う時は、袖8cm、身頃17cmに自分のゲ-ジをかけてください。

①まず首周りのゴム編み、今回は1目ゴム編みで80目(約50センチ)作り目をして好きな長さを編む。

②右袖の中心がスタ-トになります。黒丸の所です。

6目(右袖半分)・2目・24目(後身頃)・2目・12目(左袖)・2目・24目(前身頃)・2目・6目(右袖半分)に分けて

間(・の部分)に印を入れておきます。   印は目数リング、短い糸を輪にした物でも可。

これは準備の段にします。

1段目.右袖の真ん中からスタ-ト、2目の前と後で増し目をしながら、後身頃、左袖と編んで、前身頃の最初の

1目だけ編んで編み地をひっくり返します。

2段目.最初の目はすべり目(編まずに右の針に移す)裏編みで左袖、後身頃、右袖を編んで、前身頃の最初の

1目を編んで編み地をひっくり返します。

1段目と2段目  これを繰り返します。数段編むと右側の写真のように前後差がついてきます。

   

前後差は好みなので、好きな長さまで編みます。前身頃分が数目残ります。5cm分くらい残すと良いです。

その後は右袖、後身頃、左袖、前身頃と続けて20cmくらいの長さまで編みます。

編み始めがA  の目数で20cm長さ編んだらB  の数になるようにします。20cm編むまえにB の数になったら増し目

は止めてそのまま編みます。

A      6目(右袖半分)、2目、24目(後身頃)、2目、12目(左袖)、2目、24目(前身頃)、2目、6目(右袖半分)

B  20目           68目・42cm      54目・34cm    68目・42cm      20目

身頃と袖を編む時にはまち分8cmくらいが足されるので、出来上がりの胸囲は100cmになります。袖は42cm。

自分の好みの大きさにする時には、ヨ-ク20cmを編む間に、調整します。小さくしたければ希望の目数になったら、

増し目をやめ、大きくしたければもう少し増し目をします。袖のみ、身頃のみ調整しても問題はありません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Go back to top