バナナセ-タ-完成

母です。風はまだまだ冷たいですが、日差しは春らしくなってきました。花粉症の私にはちょっと辛い時期ですが、何

となく気持ちも明るくなります。

今回の毛糸は白を染めた物です。みやこ染めを使って、熟したバナナをイメ-ジして染めました。1回目で染めた分で足

りずに2回目を追加したので、かなりむらのある糸ですが、セ-タ-としては面白い物ができました。こちらは1回目の

物。

     

バナナの部分と動物柄にも見える部分になりました。

使用毛糸:ハマナカの並太の毛糸(名前は不明)  565g

使用針:9号

身幅96cm  着丈65cm

230g余っているのでネックウォーマーを編みます。

極細アルパカ3本取りで編んだセ-タ-完成(top-down)

母です。今回も息子のセ-タ-完成です。極細アルパカ100の3本取り(中細毛糸の1.5倍の太さ)なので、もう

暖かいよりは暑いくらいなので、今シ-ズンは着る機会がなさそうですが。

 

下に厚手のシャツを着ての撮影なのでピチピチですね。

使用毛糸:holst  garn  の titicaca ピュアアルパカ100 50gで400m

色番  clementine  (黄色)130g landscape(緑)260g

landscape 2本  clementine 1本  の3本取り

使用針:6号

サイズ:身幅98cm  着丈65c

今回もtop-down でネックから編んで最後に襟を編みました。

 このパタ-ンです。  

今回はBA と EF の端を縄編みにしました。普通に1目ずつ増し目をしていき、7目になったら表目1裏目1縄編み

4目裏目1目にします。その後は黒まるの部分、縄編みの次の裏目の後で増し目をしていき、好きな長さのVネックにな

ったら輪にしてそのまま編みます。(編み方は2016.9.6.up記事。)

こちらは襟元です。

    

襟の拾い目をして、今回はガ-タ-編み6段ほど編みました。V のところは2段おきに3目1度の普通のV ネックの

編み方です。

セーター  編みかけ  新しい編み方

おはようございます。腱鞘炎は注射を2本して貰ってほとんど痛みがなくなりました。でも、注射をした後の皮膚の

部分が薄くなり血管がよく見えるようになり、これ以上の注射は怖いので、ゆっくり休み休み編み物をして行きます。

ブログの方もゆっくり更新していきます。前に娘が染めた”バナナ”をイメージした毛糸で編みました。後100gし

かないので、袖の分を染めないと進めません。

   

腱鞘炎は手首だけではなくて、肩こり、腕全体が凝るとなるので、こまめに休憩します。編み方も工夫しました。私

は左手が腱鞘炎なので、右手に糸を懸ける方法を試してみました。

1.アメリカ式のフリッキングをいう言葉で検索すると出てきます。

私は手が小さいので最初は中々糸を懸けられませんでした。

こつを1つ。針は右も左もほぼ真っ直ぐ立てるようにして人差し指に懸けた糸を2cmくらいの短さにすること。

(注意)

私の場合は普通に編む時とこの方法で編む時にはゲージがかなり違いました。普通の場合は15目で10cmなのが、

右手に懸けると17.5目で10cm。緩めの手なのが、きつくなる。普通の編み方をして疲れたら交代のつもりが

それは無理でした。中細の毛糸だときつくならないので、極太はきつい。並太も今度試してみます。

2.もう1つ。The  Norwegian  Purl  ノルウェー式裏編み。

裏編みをする時には糸は前にする方法で編んでいました。ゴム編みの時には左手を動かして表、裏と編んでいましたが、

ノルウェー式裏編みは糸を後にしたまま編みます。なので、左手をあまり動かさないで編めます。

私の場合は上の2つの方法だと、目が今までより綺麗な気がします。

 

 

ラグランセーター  編み方  手直し

2013.3.10の記事です。

あれから手直しを加えつつ何枚かこのパタ-ンのセ-タ-を編んでみて今はこれが良いかなと思い書き直してみました。

 ちょっと小さくて読みにくいですが。

これはネックから編むセーターの基本形です。 胸回り96cm 袖周り36cmです。

ゲ-ジ15目×20段で説明していきます。

①まず首周りのゴム編み、約50センチ・76目を作り目をして好きな長さを編む。

②右袖からスタートになります。

袖は7.5cm、身頃は17.5cm  ☆はマ-カ-

右袖10目 ☆2目☆ 前身頃24目 ☆2目☆ 左袖10目 ☆2目☆ 後身頃24目 ☆2目☆に分けます。

マ-カ-は目数リング、短い糸を輪にした物でも可。

③2段はそのままの目数で編む。3段目からマ-カ-の前と後で2段に1回増し目をする。増し目は好きなやり方でよい。

簡単なのは1段目で掛け目をして2段目で捻って編む方法。

④ひたすら2段に1回増し目をして  右袖10目→44目(+34目・増し目17回) 30.5cm

前身頃24目→58 40cmになるまで編む。この時点でヨ-クの長さの計る。20cmに足りなかったらそのまま

増し目をしないで20cmになるまで編む。

画像 049   画像 051

⑤ここからは右袖、身頃、左袖と分けて編む。右袖 前身頃と後身頃 左袖 を3つに分けて毛糸か輪針などに移して

休めておく。

マ-カ-の間の2目(ラグラン線)はそれぞれ袖と身頃に1目ずつ分ける。袖46目  身頃120目になる。

まず右袖を編む。別糸に休ませておいた右袖を針に移す。編み始めに糸をつける。休めておいた46目を編んだら巻き

増し目でまち分6cm・10目を作り目して輪にして編む。袖の2段目でまちの真ん中にマ-カ-を入れる。これが袖

の編み始めになる。10センチくらいまっすぐ輪にして編んだら、5段毎に編み始めと編み終わりで2目1度にしてい

く。そうすると袖が段々細くなる。30cmくらいになったら減らし目をやめてそのまま編み、最後はゴム編みで終わ

り。もう片方も同じ作業をする。

⑥見頃を編む。

前身頃の最初の目に新しい糸をつけて編む。前身頃が終わったら袖のまち・巻き増し目で作り目した10目から10目

拾う。続けて休めておいた後身頃を編み、まち分10目を拾う。

そのまま輪にして好きな長さを編む。最後の5センチくらいはゴム編み、そのままメリヤス編みでも下がくるんと丸ま

って可愛い。

ゲ-ジの違う糸の目数を表にしてみました。作り目→増し目後

ゲ-ジ    14目        16目      17目      18目

目数・袖   10目→42目  12目→48目  14目→52目   14目→54目

目数・身頃  24目→56目  28目→64目  30目→68目   32目→72目

急いで書いたのでおかしなところがあったらごめんなさい。

Opal 毛糸のセーター完成

母です。久しぶりにセ-タ-が仕上がりました。2週間くらい前に突然左手首に強い痛みが出ました。

ネットで腱鞘炎診断をしたらビンゴでした。私の場合は手首単独の腱鞘炎のようです。テニス肘にもなって

いるので、あまり驚きはありませんが、思いの他痛みが強く不便をしています。肩こり、手首の凝り、指の

凝りが強いと腱鞘炎を起こしやすいようです。皆様もお気をつけください。

使用糸:opal  フンデルトヴァッサ-  1432 340g

使用針:3号

ネックから編む方法です。前に opal のセ-タ-を1本取りで編んだ時には6号で編みましたが、今回は

3号で編みました。しっかりした編み地になりましたが、6号よりは30gほど多くの毛糸が必要でした。

次回は4号か5号で編んで見ます。娘はこの1432番が大好きなので、ネックウォ-マ-も編もうか迷い

中です。

アルパカセーター完成? 失敗

     

アルパカセ-タ-完成!と言いたいのですが。見た目はよい感じに仕上がっています。

 このセーターと同じ毛糸で色違いなんです。

アルパカ70%、ウ-ル30%、極太と並太の間くらいの太さです。このセ-タ-着てみると段々肩が下がってきて

しまいます。ブル-の方は肩の(ラグランの)増し目が3段に1回なので、肩線がかなり急です。なので、辛子色の

方は2段に1回の増し目でいつものように緩やかな肩線にしてみました。でも、やっぱり駄目でした。

アルパカ糸は伸びるというのは知っていましたが、今までは並太くらいまでの太さしか編まなかったので、こんなに

伸びるとは気がつきませんでした。悔しいので写真だけ撮ってご紹介。夕べ解きました。太いアルパカ糸はネックか

ら編むセ-タ-には向かないようです。何かのお役に立てればこの失敗もまあOKかな。

首から編むセ-タ-完成

完成したセ-タ-を平置きして見ました。ヨ-ク部分の増し目が3段に1回・8目なので肩の部分がかなり急な形で

す。失礼ながら着心地はどうなんだろう・・・・と心配していましたが、ヨ-クの増え方がゆっくりなので、普通の

丸ヨ-クのセ-タ-より、胸の部分が余らなくていいかもしれません。ただ、後姿が・・・・。ヨ-ク部分のゴム編

みがかなり広がっています。下の部分のゴム編みが全然伸びていないので目立ちます。やせ形体型の人はこんな感じに

なるようです。

こちらは全く同じ物を男性が着ています。170cm、57kgくらい。

男性、身長の高い女性は、ヨ-ク部分の長さを23~24cmくらい編めば、かなりの体型の方が着られると思います。

使用毛糸:FILATURA  DI  CROSA   no    ALPACA  OGGI   450gくらい

使用針:10号

ネックから編むセーター  編みかけ

寒くなりました。編み物をしていると膝が暖かくて眠くなってきます。

今回はNHKの「素敵にハンドメイド」11月で紹介していたネックから編むセーターを編み始めました。

凄く簡単です。初めてのセーターにちょうどよいです。

  上から見た写真です。ゴム編みを6cmぐらい編んだあと

そのままヨークを編んでいきます。下の写真、左 ヨーク正面  真ん中 袖になる部分

ヨークから袖を休ませて身頃を10cmほど編んだところ。このセーターはヨーク部分の増し目が3段に1回なので

肩が下の写真のようになります。

こちらの写真は左が娘・洋服はSサイズの体型  左・息子 178cm Lサイズの体型 男性でもこの形で大丈夫

そうですね。テキストでは、女性用Mサイズのようですが、そのままの目数で編んで、小さければヨークの長さを少し

長くするか、3段に1回の増し目を5回で2回にするとよさそうです。

野呂糸セ-タ-完成

今回も  「Brickの勝手にアレンジバ-ジョン」で編みました。

 

使用糸:野呂栄作  すずらん 色番9  ウ-ル93%にキッドモヘアが7%入っています。

もう20年くらい前にかったので多分廃番です。年月が経ち自分で着るのはちょっとな色なので娘用に

なります。

使用針:10号

袖が少し太めになってしまいました。どうしてもショッキングピンクの色が上手くでません。下の右側の写真が

近いです。

今回は作り目をコ-ドに糸を掛ける方法にしました。

Provisional   Cast-On  と言います。鎖目から拾う時のように後から鎖目を解きながら針で拾う必要がありません。

 

Top-down ラグランセーター完成

かなり久しぶりに自分のセ-タ-を編みました。モデルが悪いのですが。

本来の色は上2枚の写真の色に近いです。少し落ち着いたト-ンに黄色、ピンク、青など色々な色が入っています。今回もネックを編んだ後、ラップ&タ-ンで首周りに前後差をつけて編みました。(6/23の記事参照)

 

 

    

ラップ&タ-ンで前後差をつけると少し浮いた感じになりますが、着てしまえば気になりません。

使用糸:ジバンシ-  20年以上前に買った物で既に廃番  440g

使用針:10号

この毛糸色違いで後3、4色持っているので、全部編もうと思います。前にも書きましたが、今はジバンシ-は毛糸

は販売していないのですが、どの色もシックで素敵なんです。残念です。

Go back to top