編みかけ入れ袋です。

またまた袋を2つ作りました。私はキルティングの布で作った簡単リュックを愛用していて、気に入った布を見

つけると買ってしまいます。最近はリュックを使わないので、編みかけを入れる袋にしてしまいました。

DSCN0772[1]   DSCN0774[1]

citron  shawl は最後のフリル部分を後8段編めば完成します。

ただ、1段が834目あるので、さすがに5段編むとちょっと違う物が編みたくなってしまいます。今日は完成!

となるでしょうか?

ポンポンメーカー

ponpon7

花粉でだいぶやられてきました娘です。ども。

最近、ちょこちょこポンポンを作っています。
前にもこもこマフラーを作ろうとして失敗したのですが、それの新しいものを作るためです。

ただ、私はポンポン作りがとっても下手でいつも最後に形を整える時に刈る部分が多くなってしまい、もったいないなぁと思っていました。
そういえば母がクロバーから出ているポンポンメーカーを持ってた気がすると思い、貸してと言ったところ、もう使わないからともらいました。

これがなかなかに優れもの。
ぐーるぐーる毛糸を巻きつけまくって、はさみでちょきちょき、糸で中心をぎゅっと結べば出来上がり。
何より刈り込む部分がほとんど出ません(最重要ポイント)。

いくつか作って私なりに見つけたコツがあります。
来年作る時に忘れていると思うので、自分へのメモとしての意味もこめて記事にします。

まず、巻きつけ方と回数。
クロバーの公式動画だと軽く一重ぐらいしか巻きつけていないのですがそれだと、少し寂しい仕上がり。
写真ぐらいもこもこにするには、ぴっちりとつめて巻きつけた上に二重半ぐらい必要です。
ぴっちりするには何回か巻きつけたら、指でぐいぐいつめて巻きつけていきます。

ゆるく巻いて

ゆるく巻いて

ぎゅっとよせる

ぎゅっとよせる



はさみでカットする時に何重にもなっていると切りにくいので、なるべく重なり部分がでないようにぴっちり巻くのが大事です。
そして、結ぶ時のコツ。
カットしたら真ん中をぎゅっと結ぶのですが、その時点で固結びしてしまうと中心に通っている金属の棒ごと結ぶことになるので、中心にその分の穴が開いてしまいます。
ほんの少しのことですが、その分緩くなるので、毛が抜ける原因になると同時にもこもこ感が減ります。

中心に金属棒があるの見えますか?

中心に金属棒があるの見えますか?

ponpon5

中心が緩い

ponpon6

なるべくぎゅっと結んだ状態



なので、まずは緩く結んだ状態でそっと道具をはずして、その後でぎゅぎゅっときつく結びます。

この時にポンポンと同じ糸でやるとしっかり結べない(と言うか毛糸なので切れる)ので別の糸を使うのがオススメです。
レース糸(オリムパスのエミーグランデ)でも試したのですが、滑るのと細すぎて指がもげそうになり、タコ糸で試したところ滑らないし細さもちょうど良いのでそちらで結んでいます。

ponpon8

ついでにぱっちん留めを作ってみました。
これはこっそり色々な糸が混じっているやつなので、白よりもくすんで見えます。
大きいサイズのポンポンなのでくまみみっぽいできです。

ジーンズのリフォームバッグ

 画像 041    画像 040

これはジーンズの布で作った編みかけの物を入れている袋です。右側は袋の中です。内側にはポケットがつけてあって

輪針や編み物の道具がそれぞれ巾着袋に入れて入っています。

 

画像 039これは編みかけのセーターやショールなど大きい物が入っています。

画像 043    画像 044

右側はジーンズのスカートのリフォーム

これは娘の編みかけを入れる袋にします。

履かなくなったサロペットジーンズをリフォームしました。元の形をそのまま残すためにまず上のベルト(肩ひも)を縫い目をほどいてはずします。

くっついている肩ひもを切って2本にします。端にジグザグミシンをかけて胸当てと背中の部分に縫いつけます。

足の部分を切ります。中表にして少しマチができるように4カ所ほど布を畳んで縫います。

これはメンズのサイズなのでかなり大きな袋です。

娘が低学年の頃に履いていたサロペットはちょうど手頃な大きさのバッグになって彼女が使っています。

スカートや普通のジーンズはもっと簡単。下をカットして縫うだけ。持ち手は面倒ならバンダナを折って紐にしても素敵です。

 

DSCN0106

残った足の部分は好きな長さに切って底を縫って小さい袋にしました。編みかけ靴下を入れたり、娘は携帯ゲームや文房具など小物を入れています。

上を折ってボタンをつければ中身も落っこちません。

 

編み物道具入れ  娘用

 DSCN0006  DSCN0007

これは前に公開した私(母)の道具入れです。左の輪針入れは60センチ、80センチ用で、40センチの輪針は上下2段で小振りの物2つに入っています。

各号数15本くらいあるのでポケットの底(下)にマチをつけてあります。

この他に靴下用の20センチ棒針とコードの柔らかい輪針をそれぞれ号数ごとに袋に入れて、書類を整理するファイルに入れています。
画像 029 画像 028

娘はもっぱらかぎ針編みをしていましたが、棒針も始めたので私のコレクションをプレゼントしました。

 

画像実際にはすべての号数が入っています。上に棒針、下に深さの違うポケットを2段、同じ号数の60センチ輪針と40センチを入れます。

輪針は3組くらい入ります。

編み物道具入れです。

DSCN0006DSCN0007

編み物道具が沢山あります。左は棒針入れ、右は輪針いれです。市販の物を使うのは嫌なので適当に作りました。

輪針は300以上持っているので、これには60センチ.80センチを入れて、40センチ用にはもう少し小さい物を使っています。

靴下用の1・2号棒針も100本くらいあるので、こちらはまた別の書類ファイルに入れています。

セーターは3枚くらい、靴下は10足くらい、ショールは5枚くらいを同時に編んでいるので道具が増えてしまいました。

この4年くらいはこのニットピクスの付け替え式輪針も愛用しています。

 DSCN0009

Go back to top